学びタイムズ
メールマガジン登録
メールマガジン(無料)を希望される方は、
こちらの登録フォームからお申し込みください。

“ハックの達人”プロデューサー小山龍介さんインタビュー

2008年1月25日
koyama_editedjpg_edited-1_1.jpg

ハックというのは手順を省略するプロセス、つまり手続きのショートカットのこと

 忙しいビジネスマン。新規の仕事を任された時、「レギュラーの仕事があるのにまた新しい仕事か、負担になるなあ」、とひそかに思ってしまうのではないだろうか。小山龍介氏(写真)の時間管理術、いや、管理というより“意識改革”を知れば、そんな心配は無用となるだろう。ショートカット、スモールワールド、と次から次へと繰り広げられる小山流ビジネス流儀は?話題の著書も多い、プロデューサーの小山龍介さんにインタビューした。 (小山流ビジネス流儀 NO1・続けてNO2もお読みください)


Q 多くの仕事を見事に、こなされていますね


小山 私は、プロデュースという仕事をしています。新規事業の企画からウェブサイトの運営、インタビュー取材、広告の営業活動、書籍の企画・編集。一見では、バラバラのように見える事象も、実はさまざまなつながりがあります。質的に違うんじゃないか、と思われるようなことでも、関連しているんです。仕事を広げ、それぞれを意識的につなげてゆくことで質を高めることができる、と感じます。
 その時、頭の中で生まれている知識の体系は、“スモールワールド”になっています。そしてそこでは、多様な“ショートカット”が形成されています。この2つをキーワードに、これからの仕事のやりかたを捉えなおしてみたいと思っています。
 昔は、仕事のやり方というのはある程度決まっていて、それを順を追って行っていました。手続きがしっかりしていたのです。

 ところがパソコンが普及し、それがさらにインターネットでつながるようになって、仕事の段取りは一気に複雑になりました。あらゆるところでスキップが起こり、スピードも要求される。コミュニケーションがとりやすくなることで、別の会社や別の業界とのコラボレーションも増えてくる。こうした、手順を飛び越えるようなコミュニケーションや情報のやりとりがショートカットです。
 こうしたショートカットが起こると、今度は世界がどんどんと狭いものになってきます。これは複雑系ネットワークで“6次の隔たり”というものがあります。これは、6人を辿ると世界の誰とでもつながれる、というくらい小さい世界になってしまっている。昔の仕事のやり方がレギュラーネットワークとしたら、今のやり方は“スモールワールド”になっているのです。
 ちなみに、ハックというのは手順を省略するプロセス、つまり手続きのショートカットのことです。ハックをたくさん持つことによって、仕事のやり方にもスモールワールドが生まれます。そしてここからが重要なのですが、こうして出来上がったスモールワールドにこそ、豊かなものが生まれてくるんです。

 冒頭にあげた様々な仕事内容も、それぞれ別のもののように見えますが、ショートカットによって、スモールワールドになっています。そして、そのことによって豊かなアイデアがわきあがってくる。もしひとつのことだけやれ、と言われたら、かえって質は落ちてしまう。そういう世界になってきていると思います。

Q 具体的にどんなスモールワールドがあるのでしょうか?

小山 例えば、僕が学生時代に学んできたのは美学なんですが、これとビジネスをうまく橋渡ししよう、というテーマがあります。その一環として、先日「色彩検定」を受けようと思いたちました。
 色彩とビジネス、どう結びついたか?
 カラーのことを学び、ひとつ分かったことは、カラーにも実はスモールワールドがあるということ。たとえば、カラーコーディネートのバランスとして、ベースカラーは70%、アソートカラーは25%、アクセントカラーを5%にするというものがあるのですが、この時のアクセントカラーは、まさにショートカット的な役割を果たす。しかもその5%が全体の印象すら変えてしまうんです。
 ビジネスだけでなく色彩の世界においても、自分がどういったショートカットを使うか、ということが重要なんです。この70、25、5の割合についてですが、これは企業が投資を考える際にも登場します。

 ある時、シリコンバレーの会社がビジネス展開についての話の中で、“どう資金を投資するか”という質問をされて、こう答えたのです。
「70%は本業に使う、関連事業に20%、10%がまったく関係のない新規事業に投資する」と。新規投資案件、これが、アクセントカラーになる。こんな風な発見とつながりを楽しんでいくと、世界はどんどん広がっていくのです。 

 ---------小山さんのインタビューは、 「“学ぶ”ってことに、たかをくくってはいけないです」小山流ビジネス流儀 NO2 に続きます「ハック」の概念は、知った人のビジネスの概念を変えることでしょう。

 

 関連記事  「差をつけるスキルアップ術、「超」WORK HACKS」小山龍介著
         「“学ぶ”ってことに、たかをくくってはいけないです」 小山流ビジネス流儀 NO2


コメント

コメントする

名前

コメント
トラックバック

この記事へのトラックバックURL: