0034)教養の最近のブログ記事

大阪教育大学で学生と一緒に学ぶ!教養基礎科目で学生に戻って学べる

 大学や短大の公開講座は数多くあるが、現役の学生たちが実際に受けている授業を同じ教室で学べるという企画はそんなに多くない。そんな中、大阪教育大学では、学外連携・生涯学習として教養学科の授業を一般に公開し、学生と一緒に受講する市民を募集するという。

 これは、同大同学科が開講している授業を市民に公開し、市民の生涯学習に資することを目的としたものだという。この「大阪教育大学教養学科授業公開プログラム」の受講希望者は、受講生として登録する必要がある。なお、授業はあくまでも同大の学生を対象にしたものであるため、授業内容が希望に沿うものであるかどうか、試聴期間中に検討したうえで登録してほしいという。

 同プログラムで公開する授業科目は、教養学科が開講する教養基礎科目の一部。文学、歴史、科学と幅広い内容なので、何か興味をひくものがあるかもしれない。現代の学生たちや教職員とともに、キャンパスライフを楽しみたい人にとっても学生のように学ぶ時間は楽しく、心弾む時間となるだろう。興味深い試みといえそうだ。なお、同プログラムの受講性には単位認定は行われないが、希望により受講完了時の「修了証書」の交付は可能だ。

<平成20年度教養基礎科目公開授業>
期間:10月1日(水)から2009年1月27日(火)
受付期間:9月8日(月)〜9月19日(金)
受講料:1教科9,200円(ひとり5科目まで)
*科目一覧
1 思索と芸術読むための視点
2 文学と〈私〉
3 コンサートへの誘い稲垣 
4 民族と音楽:東南アジアを中心に
5 民族と音楽:東南アジアを中心に卜
6 現代日本における児童文学の諸問題
7 漱石を読む
8 国際と地域アメリカと世界
9 ヨーロッパードイツの窓から
10 歴史と社会東アジア近代史
11 地域史としての考古学
12 古代の国家と社会
13 人間と生活現場に活かすスポーツ実践論
14 平和のための教育
15 生命と環境ニュースの中の生命科学
16 ゲノム時代に生きる
17 はかってなんぼ-環境をはかる
18 数理と自然数学の手ざわり
19 歴史を変えた有機化合物
20 自然科学のための線形代数入門
21 偶然の数理ー確率論入門ー
22 総合科目知的財産権入門


●問い合わせ
 大阪教育大学国際交流・研究協力課教養学科支援係  TEL:072-978-3543

大阪教育大学

YES-プログラム・就職やビジネスに役立つ時事力育成の検定試験

 何となく知ってはいるけれども、きちんと正確に説明するのは難しい現代用語の数々。

 現代用語能力検定は、マスコミ業界(出版・報道・ニュース・IT・各種メディア関係)への就職を希望する若年層、一般社会人からシニア層まで、自分の現代力・時事能力・論作文力・社会常識力を養成・チェックするための検定試験だ。「現検」は厚労省「YES—プログラム」の認定試験でもある。YES-プログラムとは、厚生労働省が企業調査に基づいて、企業が採用に当たって重視する能力を「就職基礎能力」として5つの領域に整理し、若者たちの就職に向けた努力を支援する制度のこと。現代用語能力検定スタンダードコース3級以上の取得者は、YES-プログラムの基礎学力(社会人常識)応用レベルに認定され、履歴書などに記入し就活の際に利用することができるというメリットがある。

 同試験、次回は10月12日(日)に実施されるが、その前にホームページで、これまでの現代用語能力検定・過去問題に挑戦できるという。無料で体験できるので、力試しにぜひ!これで自信をつけて、本番に向けての目安がつくかも。

 なお、第2回「現検」公式テキストは9月1日(月)より発売される予定。

<第2回現代用語能力検定>
日程:10月12日(日)
主催:NPO現代用語検定協会
特別協賛:読売新聞社
後援:自由国民社、NPO教育支援協会、NPO次世代教育推進機構、NPOベターライフ・スタイル
運営:CAMP
協力:教育開発出版、学悠出版、トータル・メディア・システム
※問い合わせはホームページの問い合わせフォームより

現検
合格へ向けての講習会・9月に東京、名古屋、大阪で開催

 文書はパソコンで……と、いう現代ではあるが、だからこそ手書きの文字も大切にしたいもの。そんな折、日本書写技能検定協会が行っている硬筆書写検定や毛筆書写検定なら、一切の受験資格はなく、実施会場も全国70カ所以上となっており、気軽に挑戦できるのではないだろうか。パソコン全盛の時代だからこそ、丁寧な文字が貴重、ということだって大いにある。

 なお同協会では、毎年、春と秋に全国3カ所(東京、名古屋、大阪)にて合格のための講習会も実施している。講習会で不安を吹き飛ばしてみることもお勧めだ。

 同検定試験の次回実施日は、11月9日(日)。申し込み期間は9月1日(月)より10月20日(月)まで。受験願書を同協会に郵送するか(当日消印有効)、特約書店にと申し込む。9月に行われる講習会は、東京で28日(日)、名古屋で20日(土)、大阪で21日(日)に開催される予定。講習会参加希望の場合は、同協会のホームページなどで確認を。

 同検定試験、1級に合格すると指導者証、認定書が交付される。ペン字教室・書道塾などを開設する際、優秀な指導者としての社会的な位置づけとなるという。

<硬筆書写・毛筆書写検定試験>
日時:11月9日(日)、2009年1月25日(日)
場所:全国70都市ほか
申込期間:9月1日(月)〜10月20日(月)※当日消印有効

●問い合わせ
 日本書写技能検定協会  TEL:03-3988-3581
 〒170-0005東京都豊島区南大塚3-41-3

日本書写技能検定協会

これからの社会を動かすのは「自律型人間」。自分を磨き高めよう!新刊が発売

 日産自動車では「グローバルに活躍したいと考える自律的な人材」、資生堂では「主体的にキャリアを切り開く積極的な自律型人間」、このようなキーワード“自律”が現在求められる人間像のひとつなのだという。日本経団連でも「あらゆる組織で自律型人材を求めている」(2006年)という提言を発表するなど、企業が求める人材というキーワードにも自律型という言葉が多く見られる昨今である。さて、この“自律”とは、具体的にはどんな力か?これは具体的に砕いていうなら「自分で、自分を元気にし自分らしく変革し続けまわりの人も元気にする力」のことなのだそうだ。
 

 このような風潮の中、出版されたのが、-仕事も人生も思いのままになる-「自律力を磨け!」だ。著者の森田英一さんは3,000人以上の人材育成に携わり、3年3割問題を早期から唱えてきた人だ。新入社員が、3年目で辞めていってしまう現場も数多く見ている。自分を磨くということの大切さを身をもって知っている。
 そこで森田氏さんが「自律型人間になるためのポイント、ノウハウをまとめたのがこの本だ。自身が経験し実践してきたことをまとめたものだ。1)自分のコアを知る、2)セルフマネジメント力で信頼を構築する、3)センサーを高める、4)シナジーを湧かす、5)人生サイクルにのる、を6つのポイントとして挙げていている。
 今の職場に何か不満を感じている人が陥り易いのが「転職して抜け出せばきっといいことがあるに違いない、自分らしく生きられるかもしれない」、というもの。転職しか頭になく早々に転職しようとする人にも、森田さんは「実は活躍する人はどんな職場でも活躍するんです」と説く。重要なのは今置かれた環境の中で自分のエネルギーが一番上がる状態を自分で再構築していくことが必要で、自分が何を提供できるのか“自分の価値”を常に考えること、と知らせている。

 森田さんはさらに言う。「自律型人間になる、という選択は、人生の選択、生き方そのものなのです。私は小学1年生で腎臓の病気になり、内省することになりました。自分らしさを出すことの難しさも知りました」と振りかえって言う。大学を出てからアンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア)に入社、その後、金融機関、官公庁の人材コンサルを経て、2000年に今の会社を立ち上げた。人材教育、人材採用を中心に、若い人のキャリア育成に全力を尽くす日々だ。
 特別講演「あなたらしい自律型キャリアの作り方」というCD(72分)もついている。

森田英一著
仕事も人生も思いのままになる「自律力を磨け!」
マガジンハウス6月25日刊
¥1,500(税別)

一回完結型で、9回に渡ってIT、人材育成、中国ビジネスなどの様々なテーマで

 阪南大学サテライト・中小企業ベンチャー支援センターでは、毎月、当センターの経営アドバイザーや本学教員が講師となって、企業経営に係わる課題解決や最新の話題をテーマとしたサテライト公開講座(無料講座)を実施している。
 さらに特別ゲスト講師を招きサテライト特別講座(有料講座)も別途実施している。中小企業のリアルな課題につき解決してゆく定期的な公開講座だ。通常講座は無料で、特別講座の場合は受講料は1,000円となっている。

 IT戦略、従業員満足、人材育成、ブランドマーケッティングなど多様なカリキュラム用意されており、同大の講師の話からヒントをえることが出来るかもしれない。無料講座と有料講座があるが、有料といっても1000円で経営のことが学べるのは、嬉しい限りだ。

カリキュラム
【公開講座】=無料
7月11日(金) 15:00~16:30
         大阪地域創造ファンド助成金の活用法~地域資源を助成金で掘り起こすには
         阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー 関浦 照隆
7月25日(金) 15:00~16:30
         若手社員をやる気にさせる術~3年で3割辞めないために~                     
         阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー 石田 秀朗

8月29日(金)15:00~16:30
          中小企業のIT化戦略~初期経費無しのシステム導入の極意~
          阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー関浦 照隆
9月5日(金) 15:00~16:30
          営業パーソンをやる気にさせる術~誤解されている営業という職種~
          阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー 石田 秀朗
10月17日(金)15:00~16:30
          従業員満足こそ成長の秘訣~観光集客産業などの事例~
          国際コミ学部国際観光学科 教授 森山 正
11月7日(金) 15:00~16:30
          中国ビジネス最新事情~オリンピック後の中国~
           阪南大学流通学部  教授 洪 詩鴻
12月8日(月) 15:00~16:30
          ブランドマーケティング~ブランド価値の創造~
           阪南大学流通学部 准教授 平山 弘

【特別公開講座】=参加費:1,000円
9月26日(金) 15:00~17:00
          中小企業のIT化策「SaaS入門講座」
          ~中小零細企業でのITを使って儲ける仕組みづくり~
          株式会社イットアップ取締役 岩佐 修二(中小企業診断士・IT コーディネイター)
          阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー 関浦 照隆
10月24日(金)15:00~17:00
           ビジネスに応用!落語入門講座~現役プロの噺家による実践講座~ 露の團四郎
          阪南大学中小企業ベンチャー支援センターアドバイザー 関浦 照隆

申込は、FAX、葉書、メールにて。締め切りは、開校日の前日必着


阪南大学

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち0034)教養カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは0033)語学です。

次のカテゴリは0035)その他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。