タグ「エンタメ」が付けられているもの

キャンパス見学やミニ模擬授業・奨学金などの説明もあり

 ずっと心に抱いていた夢を実現させたいと思うなら、まずは、思い切って専門学校の体験入学やオープンキャンパスに参加してみたらいかがだろう。現役の高校生たちに混じって気後れするという場合もあるだろうが、各校で、学び直し学生の割合が増えているということなので、積極的に新たな道に踏み出すチャンスかもしれない。

 総合学院テクノスカレッジは、東京工学院専門学校と東京エアトラベル・ホテル専門学校という2つの専門学校で構成される総合学院。実績のある2つの専門学校、28の多彩な学科から構成される総合学院で、その最大の特長は総合力。例えば、ミュージック・ダンス科の学生のライブを放送芸術科の学生が収録・編集したり、建築学科の学生が、運動施設設計のため、スポーツビジネス科の学生に取材したりできる。

 28の専攻がある広大なキャンパスでは、さまざまな交流ができるため、自分とは違う方法論を知り、必要に応じて、それを自分の専攻に組み込んで行く創造的な環境になっている。また、海外との交流を積極的にしているのも特徴だ。名門オックスフォード大学内の施設「ウルジーホール」での英語研修をはじめ、提携企業の中国東方航空や湖西電算専門学校との教育交流も盛んだ。資格取得についても万全のサポート体制で今までの卒業生は6万人以上という。同学院では体験入学が8月31日(日)、オープンキャンパスが9月14日(日)、学校説明会が9月6日(土)より毎週土曜日、特待生対策講座が9月20日(土)、27日(土)に予定されている。

 無料の宿泊体験ができたり、ランチを食べながら先輩と話ができる体験等、迎え入れてくれる体制も整備されている。

<総合学院テクノスカレッジ体験入学ほか>
日時:8月31日(日) 10:30〜 この後も体験日程が用意されている。
場所:総合学院テクノスカレッジ
参加費:無料
※ほかに学校説明会、オープンキャンパスなどイベント多数

●問い合わせ
 総合学院テクノスカレッジ  TEL:042-387-5111
 〒184-8543東京都小金井市前原町5-1-29

テクノスカレッジ

めちゃめちゃ楽しい効果音作りの現場に飛び込み、魅力ある音つくりを見よう!

 三谷幸喜監督の「ラヂオの時間」をご存じだろうか?
 音をいれるタイミングを指示する人、そして必要な音を調達できる道具で作り上げる人。なんとか、それらしく聞かせるために必死になって走り回る人たちに魅力を感じた人は、東放学園の「音響効果・MA体験セミナー」に参加してみてはいかがだろう。

 今や、映像音声が必要なのはテレビや映画、ラジオ番組だけではない。臨場感たっぷりに仮想空間を演出するゲームでも重要な役を担っている。MAとはマルチ・オーディオの略。映像に、音楽・効果音・音声などを付け加える作業のことだ。当日は、テレビ番組で聞こえてくる「音」がどのように加工・編集され、効果的に演出されているのか、同校のMAスタジオにて、とくと体験できるという。

 めちゃめちゃ楽しい!と、いう、音声作りの現場。同セミナーが行われる、テレビ番組などの音声編集専用に設計された、ポストプロダクションスタジオに入ってみるだけでも、貴重な学び体験となりそうだ。

<テレビ番組に音をつけてみよう!音響効果・MA体験セミナー>
日時:7月26日(土)9月6日(土) 10:00〜12:30 14:00〜16:30
会場:東放学園音響専門学校 新宿研究所

●問い合わせ
 東放学園  TEL:0120-343-261

東放学園

司会者は笑福亭笑瓶さん・専門学校OBの「三拍子」も出演

 芸能とエンタメ、業界で働く人材を育成している東放学園では、実際に放映されているバラエティ番組の制作に直接参加する、「バラエティ番組制作セミナー」の参加者を募集している。

 同校でなければ実現不可能ともいえるセミナーということで、テレビ業界に興味がある人には、ぜひともお知らせしたい企画だ。実施日は8月1日(金)11:00〜14:45。定員は70名となっている。

 「テレビ番組はどのように作られる?」「ディレクター・カメラマン・照明・音声・美術の仕事って?」
実際の現場ではあるが、セミナーということで、外からはわかりにくいテレビの世界についても、きちんと解説してもらえるようだ。さらに、同校地下のテレビスタジオにて行われるバラエティ番組収録の本番を観覧することとなる。

 テレビ番組の司会には笑福亭笑瓶氏、ゲストに人気お笑いタレントのクワバタオハラ、三拍子(同校OB)、タイムマシーン3号(同校OB)各氏を迎えての収録となる。セミナー参加者は、テレビ番組の作り方を体験できるうえ、出演タレントの記念写真まで撮ってもらえるという。

<バラエティ番組制作セミナー>
日時:8月1日(金) 11:00〜14:45
会場:東放学園専門学校

●問い合わせ
 東放学園  TEL:0120-343-261

東放学園
アリーナの近くで体験入学!自分で作った作品はお持ちかえり♪

 パソコンを手足のように自由自在に操って、好きな世界観を生み出して遊ぶ・・・。そんな喜びを仕事として成立させたいと思うなら、やはり、一度はきちんとした形で学んでみたいと考えるだろう。横浜デジタルアーツ専門学校(YDA)では、そのように自分の夢を社会で叶えてみたいという人々が、ビジュアル、ミュージックなどのエンタメのプロを目指して頑張っている。
 同校の体験入学&実習コースでは、先生や学生が参加者の専門体験をサポートする。学校の説明を聞くだけでなく、実際に作品を完成させる感動を味わってほしいという。当日参加OKだ。

 体験入学の実習体験では、グラフィック科の場合なら、キャラクターのデザインにチャレンジできる。絵本のストーリーを引き立てるイラストを作成するわけだが、どの場面にどのイラストを描くかということから考えなければならない。ゲーム科は、RPGの制作にチャレンジ。ゲームプロデュースから基本プログラミング、そしてテクニックをまでを1日で体験できるという。ミュージック科ならば、サウンド編集&ミキシング、デモテープを作ったり、DTMの打ち込みのテクニックも親切に指導してくれるという。
なお、同校の学生の作品は、ホームページ上にも掲載されており、いつでも閲覧可能だ。

 〈体験入学日程&実習コース〉
  日時:11月17日(土)・12月15日(土) 両日とも13:00より

 ●問い合わせ
  横浜デジタルアーツ専門学校  TEL:0120-423-114

横浜デジタルアーツ専門学校
無料の体験レッスンとランチなど、参加特典たっぷりのオープンカレッジ♪

 音楽、ダンス、声優、映像と、エンタメ業界に多くの人材を送り込んでいる東京ミュージック&メディアアーツSHOBI。でも、実際はどんな学校なのか、どんな学生が学んでいるのか、外からはなかなか見えにくいのが現実だ。

 そんな疑問を持ってしまったら、同スクールのホームページからSHOBI NET-TV(無料)を視聴してみるといいだろう。SHOBI NET-TVでは、学生のプロフィールやライブ映像などを無料で視聴することができるほか、イベントや学校の案内なども随時、更新されて配信されている。また、今後は、今の音楽業界で求められるものは何かなど、配信のテーマを徐々に広げていき、単なる学校紹介の枠に留まらないよう心がけていくのだという。なお、12月10日までに視聴者アンケートに参加すれば、iPod touchをゲットするチャンスあり。視聴は無料なので、ムービーを見る感覚で、積極的に利用してみて損はない。

 また、同スクールでは、オープンカレッジを毎月開催しており、11月は、4日と18日に予定している。集合は10:00だが、参加者と保護者には無料で昼食が用意されるという。内容は、現役の講師による実際の教室での模擬授業と体験レッスンがメイン。もちろん、学校説明会、保護者説明会もあり、音楽や映像業界への就職状況など、具体的な学校生活の様子が紹介されることになる。

〈オープンカレッジ参加特典〉
 毎回抽選で20名様にオリジナルパスネット(1,000円分)が当たる
 入学選考時の面接と入学検定料12,000円が免除
 入学選考時の実技試験が免除
 ※ピアノ学科、電子オルガン学科、音楽総合アカデミー学科
 イベント招待や特別指導が無料で受けられる
 学生作品、オリジナルグッズをプレゼント

 ●問い合わせ
  東京ミュージック&メディアアーツSHOBI入学広報課I  TEL:0120-039881

専門学校東京ミュージック&メディアアーツSHOBI
1  

タグ