タグ「公開講座」が付けられているもの

サテライト・キャンパス・全講座とも途中受講が可能!

 電車の中の、ちょくちょく見かける大学の社会人向け公開講座の広告・・。たまには、歴史や文学など、興味のあるテーマを学生気分に戻って学んでみたいと思っても、募集期間や開講時期のかねあいで実現できなかった経験はないだろうか。学校を卒業してしまうと、社会人にしろ、主婦にしろ、自分の時間を定期的に見つけるのは難しいことである。

 でも、その学びたいという好奇心、まだ封印するには早いかもしれない。と、いうのも、淑徳大学の公開講座なら、全ての講座の途中受講が可能!池袋のサテライト・キャンパスを利用すれば、仕事の空き時間を利用したり、買い物のついでに立ち寄るなど、スケジュールを組みやすい立地条件となるだろう。

 その池袋サテライト・キャンパスで行われる公開講座。11月30日より、「日本の中世社会と民衆II-村の歴史を読む」という講座が開講する。同講座では、古代・近世の中央集権制にはさまれた独自の秩序と厳しさのあった中世社会において、いかに民衆が、災害や戦乱の世を自力で逞しく生き抜いていったのかを考えていく。そして、その民衆社会に浮き彫りになっていく、いくつかのルール形成の原点に着眼するのだという。同講座では、近江の村を例とし、歴史を読みながら、人々の生活・家や集団・都市や村・紛争や問題解決の方法などを研究していく。

<講座内容>
開講日:11月30日、12月7日、12月21日、1月11日、1月18日
講 師:蔵持重裕著
定 員:25名
時 間:金曜日0:30〜12:00
受 講費:10,000円
会 場:淑徳大学池袋サテライト・キャンパス(会場の地図はこちら)

 ●問い合わせ
  淑徳大学池袋サテライト・キャンパス  TEL:03-5979-7061

淑徳大学

 

八王子学園都市大学・いちょう塾は、地域の23の大学と市がつくった大学
 東京の郊外・八王子市は、多くの大学が広大なキャンバスを有することでも知られている。自然に恵まれた構内で、のびのびと向学心の向くままに勉学に集中できる環境は、社会人にとっては羨ましくも懐かしいものだろう。

 その大学が集まった八王子市。なんと、市内に集まる23の大学と市が協力して、八王子学園都市大学をつくり、学ぶよろこびを全ての人に味わってほしいと、一般向けに無料の公開講座を開講している。毎週、土曜日の午後に行われているが、23の大学の協力ということで、健康や歴史、地域に密着したものなど、多種多様な内容となっている。

 たとえば、12月1日(13:30〜15:00・学園都市センターイベントホール)に予定されている無料講座のタイトルは、『「異文化理解」を「体験」する−各国事情おもしろ体当たりレポート−』。同講座の講師をつとめる本田弘之氏は、日本語教育・社会言語学(言語政策)および「異文化理解とコミュニケーション」が専門で、現在は杏林大学外国語学部教授だ。同氏は、青年海外協力隊に参加したのち、日本語教師やバックパッカーとしても世界をめぐってきたという。

 同講座の内容は、「異文化理解」「他言語文化社会」をつくるという理想が、言葉でいうほど簡単なことではなく、実際には、とても難しいということが前提とされている。だれしも、生まれたときから「自分の文化」にどっぷり浸って育つので、それをはずれた「異文化」に対しては、生理的に嫌悪感をもったり、意味のない優越感をもってしまうのは当然のことなのだという。

 同氏が経験したトイレや食べものなどに関わる「異文化体験」から、現代人がいかに「自分の文化」に拘束され、「異文化」に寛容になりにくいかを、笑い話として話してくれるという同講座。同氏は、「このように、自分の文化を意識化することが、異文化理解の第一歩であることがわかっていただければ、と思っています」と、語っている。

 いちょう塾の無料講座。学園の街・八王子ならではの多彩な学びが最大の特長だ。お近くにお住まいの人は、いくつかピックアップして出かけてみては如何だろう。

 ●問い合わせ
  学園都市センター  TEL:042-646-5621

八王子学園都市大学 いちょう塾
福女短公開講座は定員40名・画家のミステリアスなレファレンスを解明する

 11月3日は「文化の日」。美術や音楽に興味のある人にとっては、興味深いイベントが数多く開催される日でもある。どうしても主要なイベントは東京が中心になりがちだが、地方都市だって負けてはいない! 特に、地域の知的好奇心を牽引する立場にある大学や短大、専門学校などの教育機関は、学生主導のイベントや学校主催の公開講座などで地元に還元しているようだ。

 福岡女子短期大学の公開講座「モディリアニのレファレンス〜資料に見るモディリアニ伝説〜」も、そのように地域に密着した講座のひとつだ。太宰府市民図書館の共催ということで、開催場所も同図書館の研修室だという。講師には、同短期大学教授の小柳親芳氏を迎える。

 モディリアニは、エコール・ド・パリの画家として知られ、その数奇な運命とともに、モディリアニにまつわる伝説化されたエピソードは数多く存在する。たとえば、「なぜサインを拒むのか?」「最後の同棲者ジャンヌは、どこから飛び降りたのか?」「二人が同じ墓に埋葬されたのは、死後何年たってからか?」など、今なお、彼の絵を愛する人々や研究者の頭を悩まされている謎は少なくない。同講座では、このようなミステリアスなレファレンスを解明するとともに、7年余にわたる追跡調査と関連資料を通してモディリアニの人間像を探るのだという。さらに、太宰府市民図書館でモディリアニ関連資料を展示してくれる予定もあるという。

〈モディリアニのレファレンス〜資料に見るモディリアニ伝説〜〉
開 催:11月3日(土・文化の日) 13:30より
会 場:太宰府市中央公民館第1研修室(太宰府市民図書館2階)
講 師:小柳 親芳 (本学教授・太宰府市民図書館協議会会長)
対象者:一般市民 40名
受講料 :無料

 ●問い合わせ
  福岡女子短期大学 庶務課  TEL:092-922-4034

福岡女子短期大学公開講座

池坊短期大学の公開講座・参加費2,000円で日本音楽のルーツを探る

 華道の代名詞のような池坊の名を冠した池坊短期大学。凛とした日本の伝統にふれる公開講座のテーマは「日本の伝統音楽」。同大学ならではの旧き良き味わいを満喫できそうだ。

 また、日本古来の伝統を、単に古いスタイルを堅持し残していくというのではなく、時代の波を経てもなお、多くの人々から支持を受け続けた結果、今も存在している文化としてとらえ、これから、どのような形で残していくかを考えていきたいという。そのような観点から、伝統的な邦楽の各現場で活躍している講師を招き、実演や映像などを通じて伝統音楽の「変化」を伝えていく。11月は筑前琵琶、12月は津軽三味線の奏者が予定されており、料金は2,000円となっている。

 ところで、同短期大学の文化芸術学科の京都文化コースでは、京都学や音楽史を学んでいく。西洋音楽史の場合は、現存する絵画や彫刻、出土品などに描かれた楽器の様子から、どの時代の演奏スタイルかを推測することが前提となるが、日本の伝統音楽の場合も同様だ。古代の音楽、雅楽、声明、琵琶、三味線、箏、篠笛といった日本の伝統音楽のルーツを、出土品などから辿り、日本人の音に対する感性と世界観を概観する。これからの季節は、京都が最も美しく彩られる季節。しっとりと、和の芸術文化に浸かってみては如何だろう。

〈公開講座・日本の伝統音楽について〉
 2007年11月16日 18:30 こころホール(池坊短期大学構内)
 「肥後琵琶と筑前琵琶(仮)」 片山旭星(筑前琵琶演奏家)

 2007年12月21日 18:30 こころホール(池坊短期大学構内)
 「日本各地の祭礼、お囃子(仮)」 木村俊介(津軽三味線演奏家)

 ●問い合わせ
  池坊短期大学 教務部 TEL:075-351-8595

池坊短期大学 公開講座

 

粋で風流なニッポンの秋!マスターすれば年賀状にも使えるかも!

 まだまだ根強い人気を誇っている絵手紙。いくら、メール全盛の時代といっても、旅先からの短信や、季節の挨拶がしたためられている絵手紙をもらうと、独特の嬉しさがわき上がってくるものだ。とはいえ、自分には絵心がないからと、絵手紙の返事を出せずにいることはないだろうか? もし、あなたがパソコンを使えてデジカメを持っているのなら、気楽にお気に入りの画像を使って絵手紙を作ることができたら、さぞかし楽しく、年末の年賀状の作成にもやる気が出てくるのではないだろうか。

 そこで、パソコンを、もっと楽しく使ってみたいという人にオススメしたいのが、東京理科大学の公開講座「デジカメ画像を絵手紙に! あなたも相田みつをになれる!?(同大学の講座番号・一般講座「生活・文化」07A901)」だ。

 同講座では、「絵手紙ペイント」を使って、デジカメで撮った写真を元に、水彩画風の自分だけのオリジナル絵手紙に仕上げていく。手先に自信がなくても、マウスが使えれば大丈夫。今回は、神楽坂と秋をテーマにした素材から「絵手紙ペイント」を使って、絵手紙の作成と印刷までを行うという。講師は、パソコンインストラクターの海老原里美氏。開催される11月3日は文化の日。思う存分、芸術の秋を満喫していただきたい!

●詳細
 日時:11月3日(土) 13:00〜17:00
 会場:東京理科大学神楽坂キャンパス(森戸記念館)
 費用:8,000円
 定員: 40名
 ※Windows2000以降のOSを搭載したノートパソコンを持参すること。レンタル希望の場合は1台500円(事前の電話予約が必要・03-3235-5115)。

●問い合わせ
 東京理科大学 生涯学習センター  TEL:03-3267-9462

東京理科大学の公開講座

京都大学の公開講座・花山天体観望会「星雲と星団」

 秋の京都は燃えるような紅葉や、寺社の特別拝観など、見どころがいっぱい!しかし、美しいのは地上の紅葉のみならず!冬に向かう星空の美しさは、一度、見たらやみつきになるほどだ。
 そこで、近畿在住の人と観光で京都に行く予定の人に耳寄りのお知らせ。京都大学では、公開講座として、第5回花山天体観望会「星雲と星団」を11月10日土曜日の夜に開催する予定だという。開催場所は、京都大学大学院理学研究科の花山天文台。

 同講座を主催する花山星空ネットワークは、同大学花山天文台、および、飛騨天文台の施設と知的財産を活用して、科学を愛する市民が主体的に宇宙と自然について学び、研究し、普及活動を行うことを目的としている団体だ。理科離れを叫ばれている昨今、青少年の生きた理科教育や、多くの市民の生涯学習に寄与することも目的としているようだ。

 なお、この花山天体観望会は、夕方18:30から22:00までの開催となるが、自家用車での参加は不可。18:00以降、地下鉄東西線の蹴上駅より、送迎車を利用することになる。当日は、星団、星雲についての講演会があり。

●詳細
 日 時:11月10日(土) 18:30〜22:00
 場 所:京都大学大学院理学研究科 花山天文台
 対 象:小学生以上(小中学生は保護者同伴)
 参加料:大人1,000円、小中高生500円(送迎車費用を含む)
 交 通:送迎車を運行
 迎 え:地下鉄東西線蹴上駅1番出入口 18:00〜19:30
 送 り:花山天文台発 20:00〜22:00
 ※申込方法は、観望会のタイトル、参加者全員(5名以内)の氏名・年齢(学年)、代表者の郵便番号・住所・電話番号・電子メールアドレスを記入して、往復はがきかメールにて申し込むこと。10月31日(水)必着

●申込先: 〒607-8471 京都市山科区北花山大峰町 花山天文台 ・NPO花山星空ネットワーク 宛(往復はがきの場合)
●問合せ
 京都大学  TEL:075-581-1461
 主催:NPO法人花山星空ネットワーク
 京都大学大学院理学研究科附属花山天文台

京都大学・花山天体観望会

漫画家になりたい!アニメを学びたい!入門講座が無料!
 今や、無料の体験講座や公開講座は大流行! とはいえ、それらは、あくまでもサンプル体験としての意味合いで、勉強を始めるにあたっての相性診断のようなもの。だが、この東京アニメーター学院の無料講座は、れっきとしたワンクルー。しっかり基礎を学ぶための入門講座を無料で開放している。

 まず、アニメの勉強に欠かせないCGデザイン講座では、無理なくCGの技術を学ぶことができる。コンピューターの使い方をソフト・ハードの基礎から学ぶことになるので、まったくコンピューターに触れたことのない初心者でも大丈夫。無理なくCGの知識や技術を習得できるのだという。生徒は習得した技術を自身の作品制作に活かし、作品の幅を広げていくことができる。

 ほかに、パソコンの基礎を学ぶコンピューター基礎講座もあり。初心者でもワープロやパソコンの基礎がマスターできるように、丁寧に順を追って指導するという。最終的には、DTPなど、専門的な技術も指導してもらえる。さらに、英語を楽しんで学ぶ英会話講座、自分の思いを思い切って文章で表現するシナリオノベルス講座、用途に応じたメイクを学ぶメイクアップ講座もあり。また、夏期集中講座の限定となるが、デッサンの基礎を学べる講座もある。

●問い合わせ
 東京アニメーター学院 0120-194-810

東京アニメーター学院無料講座

 

アルハンブラ宮殿やタージマハールの史実などを10月からの公開講座で。

 「放浪記」の林芙美子終焉の地として知られる東京新宿区中井界隈。その、芙美子の家にほど近い目白大学では、10月16日より、全16回の予定で「英語で学ぶ世界遺産」という公開講座を開催する。講師は、駿台外語綜合学院の日本人講師が予定されている。

 たとえば、フランスのモン・サン・ミシェル、スペインのアルハンブラ宮殿、インドのタージ・マハールなど、いくつかの世界遺産をピックアップして、それにまつわる史実・伝説・逸話を、すべて英語で学んでいくという講座だ。折角、英語を勉強するのなら、できるだけ興味のあるテーマを用いたほうが身につくというもの。この秋、一週間の「世界遺産の旅」に参加してみませんか?

 なお、同大学のエクステンション講座は、会員制のため、初回受講の際に2年間有効の入会金として2,000円が必要となる。ただし、小学生以下・70歳以上の人・卒業生ならびに在学生とそのご家族は免除となる。

●スケジュールなど
 ※毎週火曜日 13:00〜14:30
 10月 16・23・30日
 11月 6・13・20・27日
 12月 4・11・18日
  1月 8・15・22・29日
  2月 5・12日
  受講料 38,000円・教材費 2,000円前後

●問い合わせ
 目白大学エクステンションセンター受講受付係 TEL 03-5996-3181

目白大学エクステンション講座

MOT的な仕事のココロって何? 理科大大学院エッセンス講座

 今や、技術の習得だけでは生き残れない世の中。ビジネスの荒波を乗り越えるべく、東京理科大学の公開講座では、これからマネージャーになろうとする若手技術者を対象に、4つの観点でMOT(技術経営)的“仕事の心”を伝えるMOT入門のコースを用意している。

 マネジメントとは、仕事の仕方そのものだ。この10月17日から始まる公開講座は、技術者の観点でマネジメントを見直し、MOT(技術経営)の扉を開いてもらいたいという趣旨で展開する。授業そのものは、初歩から丁寧に説明するとともに、受講生自身も参加する双方向授業の形式で、実際のMOT大学院の雰囲気を体験してもらうというもの。MOT大学院への入学を考える方なら、積極的に参加して損はない。

●日程・費用、講座概要など
2007年10月17日〜11月7日 水曜日 19:00〜21:00(全4回)
神楽坂キャンパス(森戸記念館)
受 講 料:10,000円 (定員60名)
テキストはプリントを配布

 10月17日(水)【イノベーションの視点】 講師・濟藤 友明
 画期的なヒット商品や大きな成功を収めた事業はどんな発想から生まれたのか、イノベーターとはどのような能力を磨いたヒトなのか、ビジネスのダイナミズムを学べば、自分の生き方にヒントが得られる。    
 10月24日(水)【組織の視点】 講師・佐々木 圭吾
 現代のビジネスでは、イノベーションを実現する主体はチーム、そして企業間にまたがるような組織になった。ここでは、イノベーションを生み出し、実現していくチーム、組織、そしてそれを率いるリーダーとはいかなるものであるべきか、組織論の基礎を紹介しながら考える。
 10月31日(水)【市場の視点(マーケティング)】講師・徳重 桃子
 「市場を読む」上でのポイントとなる「ベネフィット」の捉え方を理解しながら、そのポイントを解説する。その中でMOT講義の特長でもある「受講生が参加するディスカッション」も経験してもらうことに。
 11月7日(水)【務の視点(ファイナンス)】 講師・幸 富成
 「ファイナンス・イン」とは何か。大競争時代、経営者は最新金融技術を駆使してファイナンスを「本業の部品」として組込むことで、ビジネスモデルの変革を誘発させ、その結果、企業価値を向上させることができる。講義では、実例を挙げて学習していく。

東京理科大学生涯教育センター

総合テーマは「明日への扉−4つの鍵でひらく−」映画や看護の講座あり
 

 健やかな明日を生きるためには、張り詰めた日常にひと息いれて、次への英気を養う必要がある。東京・千代田区にある共立女子大では、過去から現在・未来へ向かうテーマで公開講座を計画。それぞれの人生を、ときに振り返り、ときに想いを馳せ、迷いながらも手探りで歩んでいく中で、ふと見つけた陽だまりのような場でありたいのだという。同大学の公開講座は、9月22日から始まる。土曜日の午後に、2コマずつの開催となっており、千代田区が後援している。

●開催日時・講師・概要
9月22日(土)13:00〜15:00
講師・渡辺祥子氏(映画評論家)「映画にみるそれぞれの人生」
9月22日(土)15:00~16:40
講師・川野雅資氏(看護学科 教授)「こころの扉を拓く」
9月29日(土)13:00〜14:40
入江礼子氏(児童学科 教授)「絵本の中の子どもの世界-未来への扉を開く鍵-」
9月29日(土)15:00〜16:40
吉竹広次氏(国際学部 教授)「東アジア共同体」
開催場所・神田一ツ橋キャンパス

●申し込み
〒101-0003東京都千代田区一ツ橋2-6-1 共立女子大学・短期大学2号館
共立アカデミー 公開講座 係
電話・03-3512-9981
FAX・03-3221-2500
メール・k-kouza@sakura.kyoritsu-wu.ac.jp
受講料: 無料
受講対象者: 男女問わず・学生可
定員: 各講座200名

共立女子大学公開講座

明治大学リバティ・アカデミーの法人向けサービスで経費削減 


0919-1a.jpg  東京・お茶の水にある明治大学リバティ・アカデミーでは、公開講座で開講中のプログラムをもとに、オーダーメイド型の社員研修プログラムを企画している。コーディネーターには、企業コンサルティングや企業での研修経験の豊富な明治大学教授陣があたる。 

 明治大学は、法務、人事労務、商品開発、市場調査、財務管理、組織マネジメント、食品工学、工業技術、行政経営など、企業や自治体などの抱える問題を解決できる800名を超える専門家を、学部、大学院に有しており、企業の多様な要望に応えてくれる。

 同大学は、東京駅から2駅3分の交通至便なお茶の水にあり、研修会場として利用するにも便利な場所だ。施設は、社会人向け教育施設として2004年に竣工した、明治大学駿河台校舎「アカデミーコモン」棟で、同大学のビジネススクール、公共政策大学院などでも利用している。

 要請があれば、コーディネーターによる出張講義も可能。また、設備が整っている企業や自治体に関しては、TV会議システムを活用した双方向リアルタイムの講義を実施することもできる。

●研修内容の事例 0919-1b.jpg

事例1・「CS(顧客満足)研修の事例」
コーディネータ・近藤隆生氏(明治大学大学院グローバルビジネス研究科教授)
1 コミュニケーションとマーケティング
2 消費者の欲望の発見方法と顧客満足創造手法
3 顧客「不満足」の考え方
4 実践的なクレーム対応
5 サービスマネジメントシステムの構築とCS活動の推進

事例2・「最強の営業マン・商品企画マン養成研修」
コーディネータ・大友純氏(明治大学商学部教授)
1 マーケティングとは何か
2 売れる商品づくりの基本視点
3 売れる商品と売れる店舗の条件 (ケース分析)
4 ブランド化と製品計画
5 消費者分析とプロモーションのさまざまな手法
6 マーケティング競争と価格戦略の考え方

明治大学リバティ・アカデミー事務局
TEL  03-3296-4423 MAIL academy@mics.meiji.ac.jp

明治大学リバティ・アカデミー 企業研修

後期受講者申し込み受付中 東海大学の多彩な公開講座

 暦の上では秋でも、まだまだ猛烈な暑さが続いている今日この頃。こんなに暑くては、日々の仕事をこなすだけで精一杯! とても、何かを学んでみようという意欲などわいてきそうもない。
 とはいえ、そろそろ9月も間近。「学びの秋」は、すぐ、そこまでやって来ている。

 具体的な目標が決まっている人にも、生活の潤いのために学びたいという人にもオススメしたいのが、各大学で行われている公開講座。その中でも、東海大学エクステンションセンターの後期講座は、総合大学である東海大学の特色を最大限に生かし、多種多様な講座が用意されている。

 後期講座の科目は、英語、韓国語、中国語、スウェーデン語、スペイン語など、人気とニーズが高い語学、知的好奇心を刺激する文学や歴史、世界遺産などの地域学、芸術系の学部もあることから音楽療法や色彩学まで用意されており、誰でも、いくつかは興味のある講座が見つかるはず。

 特に、語学は英語教育に携わっている人たちに向けた「英語教育実践講座」や、現役の同時通訳者・放送翻訳者を講師に迎えて実践的な時差通訳の訓練する「放送通訳体験講座」など、大学ならではの個性的な講座も開設されている。

 また、近年、「韓流」映画の大ブレイクなどで人気が集まっている韓国語の講座では、全くハングル語が読めない人から、文法がわかる人まで、それぞれのレベルに応じた講座を用意している。

 開催場所は、東海大学短期大学部高輪キャンパス、霞ヶ関の東海大学交友会館、東海大学ショウナンキャンパス。講座によって申し込み受付期間や費用が異なるので、興味のある人は、東海大学エクステンションセンターまで。

 少子化による大学全入時代を向かえ、多くの大学において、社会人などを対象とした一般公開講座のサービス拡大が計画されている。既に、年間50講座以上開講している大学は、関東・関西を中心に50校ほどある、という。

 しかしながら、公開講座の事務処理に関してはシステム化が遅れ、その多くを運営担当者の手作業で対応しているのが現状だ。 こういった中、開発されるソフトも数多くある。

 今回 発売された「スマートアカデミー」は、大学公開講座に必要なあらゆる情報を一元管理し、運営担当者の業務効率を向上させることが可能だという。
 柔軟な設計手法により、各大学の業務に合わせたカスタマイズもより簡単に行える。
 「スマートアカデミー」は、ホームページへの講座情報掲載から講座の申込受付までの一連の流れを自動化。手間をかけずに、受講者獲得に必要なプロセスを完全網羅したホームページ運営が可能だ。  筑波大学、梅花女子大学、などの大学関連システムにおいて豊富な構築実績を持つロゴスウェア株式会社がシステム開発を担当。

 大学公開講座検索ポータルサイト「セカンドアカデミー」を運営することで、インターネットを活用した公開講座集客のノウハウを持ち、また多くの大学公開講座運営担当者とのネットワークを持つ株式会社ウイン・アクションが販売を担当。

 価格は、最低価格 200万円 から フル機能 500万円 まで。 0706025-1

スマートアカデミーはこちら
  1 2

タグ