タグ「eラーニング」が付けられているもの

Web上で受講できるセミナーのご紹介。無料で受講できるeラーニングをテーマにしたオンラインセミナーのリリースです。

---以下、リリース

【お知らせ】オンラインセミナーが受講できるようになりました<無料>

2010.05.25
デジタル・ナレッジ オンラインセミナーを公開いたしました。

お客様のPC上でご覧いただけますので、どなたでも気軽に受講していただくことができます。
もちろん受講料は無料です。この機会にぜひ!


■現在公開中のオンラインセミナー

・【製品】『 授業収録Box 』のご紹介 >>
 →授業や講義を自動で収録!教育の情報化を支援します。

・【製品】『 LineNow!及びオプション製品 』のご紹介 >>
 →講義をライブ配信!遠隔の受講者へ臨場感をそのままお届けします。


http://www.digital-knowledge.co.jp/seminar/#01

【アンケート調査】 この春から社会人となった「新社会人」に、eラーニングの認知度を聞いてみた結果を発表しています。


---以下、調査レポート

新社会人eラーニング認知度調査

eラーニング戦略研究所は、この4月から新社会人となった全国の22-25歳の男女を対象に、
『新社会人のeラーニング学習に関する興味と傾向』に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数100)

【アンケート結果】
◆eラーニングを使って学習してみたい内容としては、男女ともに
『資格』『語学』『パソコンスキル』が上位3位を占め、4位には、
 男性が『ビジネスマナー』、女性が『趣味・生活関連(料理、ダイエット等)』と続いた。
 また、最下位には『彼氏・彼女の作り方』がランクインした。

◆何を使ってeラーニング学習を行いたいかという問いには、
 9割以上が『パソコン』と回答。次点は『携帯』で27.0%。

◆9割近くが『eラーニングを使って学習したい』『機会があれば学習したい』と回答。
 新社会人のほとんどがeラーニングを学習手段として活用したいと考えていることがわかった。

◆eラーニングを使って学習したいと思った理由については、
『好きな時間に学習できるから(87.6%)』『場所を選ばずに学習できるから(70.8%)』が
 圧倒的多数。男女問わず、好きなときに好きな場所で学習できるメリットは大きい。

◆一方、eラーニングを使って学習したいと思わない理由として、
6割以上が『モチベーションが維持できるか不安』と回答。
一人で孤独に勉強するという従来のeラーニングのイメージが、
学習の継続や効果を不安視するいちばんの要因になっている様子が浮き彫りになった。

◆eラーニングを使って学習したいと思わない理由次点は
『学習したい講座が実在するかわからない(45.5%)』、
 次いで『しっかりと学べるか不安(36.4%)』。

----------------------------------------------------------------------------------------
eラーニング戦略研究所発行「調査・研究レポート」の資料を請求して頂いた方には、
今回ご紹介の"eラーニングについてのアンケート"詳細レポートをプレゼント!!

◆資料請求はコチラ
http://study.jp/esri/documents.html
----------------------------------------------------------------------------------------

【まとめ】
以上の結果から、多くの社会人がスキルアップや語学力アップのためにeラーニングを活用したい
と考えていることがわかりました。いつでもどこでも気軽に学べて、反復学習にも向いている
eラーニングは、忙しい社会人にとって、自分磨きの強力なツールになることでしょう。

例えば、ライブ配信される最新の授業を自宅にいながら学べるシステムなどもあり、こういった
講座を活用すればさらに学びのステージが広がりそうです。


【アンケート結果】
・eラーニングを使って何を学習してみたいか(複数回答可)
 資格(68.5%)
 語学(67.4%)
 パソコンスキル(33.7%)
 ビジネスマナー(31.5%)
 趣味・生活関連(料理、ダイエット等)(29.2%)
 業務に直結するスキル(マネジメント等)(19.1%)
 一目置かれるビジネスマン/ウーマンになるためのヒント講座(11.2%)
 新サービスや技術習得(ipadとは?等)(6.7%)
 彼氏・彼女の作り方(5.6%)

----------------------------------------------------------------------------------------
eラーニング戦略研究所発行「調査・研究レポート」の資料を請求して頂いた方には、
今回ご紹介の"eラーニングについてのアンケート"詳細レポートをプレゼント!!

◆資料請求はコチラ
http://study.jp/esri/documents.html
-----------------------------------------------------------------------------------------

【アンケート調査概要】
調査期間 :2010年4月2日(金)-4月5日(月)
調査対象 :全国の22-25歳の新社会人、男女100名(大学卒)
男女内訳 :男性(42%)、女性(58%)
年齢別内訳:22歳(68%)、23歳(18%)、24歳(7%)、25歳(7%)


【eラーニング戦略研究所とは】
eラーニングシステムの提供事業を行う株式会社デジタル・ナレッジが2007年4月に設立したeラーニング専門の
研究所です。『デジタル・ナレッジ』の15年以上に及ぶ経験を活かし、eラーニングのテクノロジー、マーケット、
教育効果などについての調査・研究活動を通じて社会に貢献することを目的としています。
http://study.jp/esri/


■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:東京都新宿区下宮比町2-26 共同飯田橋ビル6F
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
URL: http://study.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社デジタル・ナレッジ  担当:濱田
TEL:03-5206-5811   FAX:03-5206-5812
e-mail:sales@d-k.jp

eラーニングシステムの提供事業を行う株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:はが弘明)は、新製品『KnowledgeClassroom(ナレッジクラスルーム)』をリリースいたしました。これを記念して、2月19日(金)14:00より、『これからのeラーニングは大勢の仲間たちと共に学ぶ!クラスルームエデュケーションセミナー』を開催いたします。

■『KnowledgeClassroom』とは
学校の教室では、講師が一方的に講義を行うだけでなく、学習者同士で教えあったり、宿題を発表したり、講師から叱られたり、時には学習以外の話をしたりしています。『KnowledgeClassroom』は、このような"教室=クラス"での学びをeラーニング上で実現するためのまったく新しいパッケージです。従来の"ひとりで学ぶeラーニング"から"クラスで学ぶeラーニング"へ。『KnowledgeClassroom』は単なる教材提供ではなく、自宅や外出先にいながら大勢のクラスメイトと共に学べる環境を実現します。

■"クラスで学ぶeラーニング"のメリット
・クラス共通の目標と学習プロセスの共有。
・クラス単位での双方向性の"指導""評価""討議""発表""共同作業"。
・それによる学習意欲・効果の向上。
・全国に同じ目的を持つ仲間ができる一体感。
これらすべてを『KnowledgeClassroom』が可能にします。


■『KnowledgeClassroom』リリース記念
 楽しく続けられる"eラーニングの新しいカタチ"新製品体験セミナー開催

本セミナーでは、これからのeラーニングに欠かせない『KnowledgeClassroom』の詳細をご紹介いたします。さらに、すでにこのシステムを導入されている企業様の活用事例や、本製品が採用されるに至った理由や背景等についてもご説明いたします。


【『楽しく続けられる"eラーニングの新しいカタチ"新製品体験セミナー開催』 概要】
■日時: 2010年2月19日(金)14:00-16:00(13:30受付開始)
■会場:株式会社デジタル・ナレッジ 本社
JR総武線飯田橋駅徒歩3分、東京メトロ東西線飯田橋駅徒歩0分
■定員:15名(先着順)
■費用:無料
■セミナー内容:
14:00-15:00 
新製品『KnowledgeClassroom』の紹介-いまシステムに求められている機能と動向-
  ・製品の成り立ちとコンセプト
  ・"学びの場"の整理
  ・クラスルームエデュケーションとは
15:15-16:00 
新製品『KnowledgeClassroom』の導入事例紹介-『KnowledgeClassroom』が採用された理由とは-
・製品コンセプトと現場ニーズのマッチング
・商用展開する上でのビジネスモデルと『KnowledgeClassroom』の活用ポイント
・活用展開例(システムデモンストレーションを交えて)

▼開催概要ページはこちら
http://www.digital-knowledge.co.jp/seminar/p267.html

▼『KnowledgeClassroom』の詳細はこちら
http://www.digital-knowledge.co.jp/service/products/KnowledgeClassroom/


■会社概要
名称: 株式会社デジタル・ナレッジ
所在地: 東京都千代田区飯田橋4-5-11 パール飯田橋ビル4F
代表者: 代表取締役社長 はが 弘明
URL: http://www.digital-knowledge.co.jp/


【取材お申し込み先/セミナーへのお申込み、問い合わせ先】
株式会社デジタル・ナレッジ ソリューション事業部 担当 三堀・井上
TEL:03-5215-1161   FAX:03-5215-1132   e-mail:sales@d-k.jp

受講期間は6週間・インターネットの通信添削でリポートを

 オーガニックとは「有機」や「有機栽培」。しかし、単に自称の有機栽培ではオーガニックとして認められない。国際基準の資格を持つ第3の認証機関・日本では有機JAS規格が認めることによって初めて本当のオーガニックとなるという。

 食の安全が脅かされている今、より信頼できるオーガニックについて正しい知識を得ることは、プライベートはもとより、ビジネスのさまざまなシーンでも役にたつと思われる。

 そこで、オーガニックコンシェルジュ協会では、オーガニックを学ぶeラーニング講座を開設。同協会のホームページ上から申し込みや問い合わせをすることができるという。同講座は「オーガニックコンシェルジュ コミュニケーションラーニング」と呼ばれ、インターネットを用いた通信講座である。受講者は、毎週、メールで送られてくる「オーガニックや特別栽培などについての課題」について研究し、その解答や作成したレポートを提出(返信)することとなる。※課題の配信、提出締切日は毎週金曜日

 申し込みは随時、受け付けているが、合格基準を満たしている場合は、同協会よりオーガニックコンシェルジュの資格を認定される。合格者には認定証や、希望する場合は、ロゴ入りのピンパッチが与えられるという。

<オーガニックコンシェルジュ認定検定>
期間:6週間(随時受付)
受験資格:年齢・性別・国籍・学歴に制限なし
受験料:21,000円(税込)

オーガニックコンシェルジュ協会

音楽留学には、レッスンを受ける際の語学力が重要な鍵を握る

 やっぱり音楽を学ぶなら海外留学がしたい♪
 クラシック音楽だろうが、ジャズだろうが、西洋音楽を学ぶ人にとって、海外留学は夢の夢。音楽を志す人なら、だれでも1度は考えたことがあるだろう。パンスクールオブミュージックでは、そのような人たちのために、今年10月に新設される国際科の学生(全日制2年)を募集している。

 募集されるコースは、インストルメンタルパフォーマンスメジャー(楽器演奏科)とボーカルパフォーマンスメジャー(ボーカル科)。インストルメンタルパフォーマンスメジャーでの専攻募集楽器は、エレクトリックギター、七弦ギター、ソロアコースティックギター、エレクトリックベース、ウッドベース、ドラムス、アコースティックピアノ、シンセサイザー、アルトサックス、テナーサックス、クラリネット、フルート、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、ラテンパーカッション。

 なお、同校の国際科、最大の特長は優れた語学プログラムを組んでいることにある。音楽留学の場合、レッスンを受ける際の語学力が最大の問題点といえるようだが、同校同科では、語学学習コンテンツで定評のあるアルク教育者と提携し、会話力の向上につとめているという。クラス授業だけでなく、現在注目されている学習教材、eラーニングを導入し、自宅でも途切れない語学の自習ができるという。音楽分野で必要な実用的な英語を学ぶ授業も開講している。

●問い合わせ
 パンスクールオブミュージック  TEL:0120-10-6910

パンスクールオブミュージック

■Innovative Teachers Day 2007で講演、新事業を発表

 株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:はが弘明)は、7月27日(金)に開催される「Innovative Teachers Day 2007」(主催:ICT教育推進プログラム協議会)にて、「子ども一人ひとりに自己実現力を ~ICT活用・個別指導・学力向上を推進する情報基盤、Learning Gatewayのススメ~ 」と題して講演する。
 同時に、同社の新事業も発表の予定だ。

 講演概要は次のとおり。“Learning Gatewayのススメ” で講演 ~ デジタル・ナレッジ
・Learning Gateway,学校向け情報基盤を利用するには
・Learning Gatewayで加速するICT活用教育
・学校現場でのeラーニング活用モデル
・世界初のHosted Learning Gatewayサービス

【Innovative Teachers Day 2007 概要】
日 時: 2007年7月27日(金)10:00開場
会 場: 秋葉原コンベンションホール 

【Innovative Teachers Day 2007 概要】の詳細はこちら

      

 



SEEBOX STUDIOでは、インターネット上で容易に映像を管理・配信するためのソリューション「SEEBOX STUDIO Enterprise」を独自開発し、製品化することとした。

これに記念し、映像を使ってビジネスで勝利を得るための必須アイテムである「SEEBOX STUDIO Enterprise」----高機能・高画質 映像CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)----の全貌と、ネット映像ビジネスの先端事例を紹介するセミナーを開催する。

----------------------------------------------

【無限のビジネスチャンスが広がる「映像CMS」の世界 】
■開催概要
  日  時: 7月5日(木)
  開場時刻: 13:00 開始時刻 14:00 (終了時刻 17:00)
  開催場所: ベルサール九段
東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル3階
  ■内容
  ・基調講演 「ネット映像サービスの未来」
     専修大学ネットワーク情報学部教授 福富忠和氏
 ・高機能映像CMS「SEEBOX STUDIO Enterprise」製品発表
 ・ケーススタディ
 1)「キャラクターコンテスト開催&商品部門での活用」
   株式会社タカラトミー様
 2)「eラーニングにおける高画質動画エンジンの活用」
   株式会社デジタル・ナレッジ様
 3)クリエイターが語る活用提案
   弊社取締役/コンセプター 坂井直樹
 4)「マッシュアップ・テクノロジーにおける動画CMSの活用」
   株式会社メタWeb研究所様

   ※入場無料(事前の申し込みが必要です)    【申込はこちらセミナー事務局】
 【eラーニング戦略研究所メールマガジン】が配信スタート!

 ますます、進展するeラーニングの先進状況が読める、【eラーニング戦略研究所メールマガジン】が、先頃スタートした。
  「eラーニング戦略研究所」(デジタルナレッジ内・代表・小林建太郎)では、この3月に開所以来に今まで、「韓国eラーニングビジネス調査報告書」、 「韓国サイバー大学実態報告」など、eラーニングの先端をゆく調査を実施。興味、関心のある方に配布してきた。

 そういった状況の中、いち早く報告実態を送付すべく、戦略研究会のメルマガのスタートを切ったものである。  同研究所の最新レポートは、「eラーニングにおけるコミュニケーション戦略」。
eラーニングによる学習の困難さは、指導者と受講者側のコミュニケーションが希薄であることに起因しているとは、従来よりの指摘である。これを解決するには、リアルタイム性と進行役の存在が大きな役割を果たすこととなる、という。
 そこで、リアルタイムコミュニケーションの有効性とコミュニケーション進行役の重要性について明らかにする、という。

 この研究所発メルマガを読んで、最新情報の報告書をいち早く入手してみてはいかがだろうか。
また、eラーニング戦略研究所の開所3か月とメルマガスタートを記念して、7月6日(金)に、第一回の研究会&懇親会を開催する予定だという。詳細は追って発表とのことだ。

「eラーニング戦略研究所」
0706010001
1

タグ