タグ「デザイン」が付けられているもの

8月27日(水)うれしいランチ付き・CADで3次元モデルを作ろう!

 浜名湖や中田島砂丘など、美しい風景にも恵まれた浜松。
 そんな浜松にキャンパスを有する浜松情報専門学校は、コンピュータ・デザイン・ビジネス・公務員の4つのコースを設置しており、体験入学でも、それぞれの特徴を理解できる体験講座を開講するという。

 「ヤル気が目覚める」という各種講座の内容は、CADで3次元モデルをつくったり、ゲーム、ロボット、コンピュータ、ネットワーク体験をするというCAD体験、一般事務、医療事務、公務員試験対策体験、事務に役立つパソコンテクなど、実用的なものとなっている。就職に強い情報系ということで、既卒者の入学希望者も少なくないとか。夏の体験入学はランチ付きなので、まずは気軽に参加を。

<夏の体験入学>
日時:8月27日(水) 10:00〜13:30(希望者には延長)
場所:浜松情報専門学校
参加費:無料

●問い合わせ
 浜松情報専門学校  TEL:0120-73-1139

浜松情報専門学校
夏のオープンキャンパス・もの作りの主人公になるための第1歩

 大阪・梅田の創造社デザイン専門学校では、「夏のオープンキャンパス2008」と題して、学校見学会を開催している。同校は、初心者からプロのデザイナーをめざすカリキュラムを組んでいるということで、デザインの仕事や授業の内容などを詳しく説明してくれるという。

 同校の教室は「デザイナーの仕事場そのもの」。創作する現場を支えている施設や設備を見学しつつ、学費、奨学制度、入試などについても具体的に教えてくれるようだ。当日参加も可能。

<創造社デザイン専門学校・夏のオープンキャンパス2008>
日時:8月18日(月)〜30日(土) 11:00〜12:30、14:00〜15:30(午前と午後とも内容は同じ・いずれかに参加を)
※23日(土)24日(日)を除く
場所:創造社デザイン専門学校
参加費:無料

●問い合わせ
 創造社デザイン専門学校  TEL:06-6452-1411
 〒553-0003大阪市福島区福島6-25-23

創造社デザイン専門学校
在校生が漫画雑誌「マーガレット」にデビュー!教師は日本一のエステ王子?

 デザイン系の学校は、首都圏のみならず全国に展開されているが、入学に際しては、施設や学科の内容はもちろんのこと、在校生や先生の雰囲気も気になるところだろう。

 町田デザイン専門学校は、在校生(1年生)が少女マンガ雑誌「マーガレット」に3度目の投稿でデビューを飾ったり、ビューティデザイン科の先生が、エステの大会で優勝「エステ王子」と呼ばれている?など、話題性も活気も満々のようだ。

 そんな同校は、はじめての人でも安心して実習できる体験入学を用意している。デザインがはじめてでも、少々不安でも、安心して参加できるように配慮されているという。体験入学は、来る8月17日(日)、20日(水)、23日(土)、24日(日)、30日(土)に開催される。

<町田デザイン専門学校体験入学>
日時:8月17日(日)、20日(水)、23日(土)、24日(日)、30日(土)
※開催時間や詳細は、直接、問い合わせを。

●問い合わせ
 町田・デザイン専門学校  TEL:0120-27-0204

町田・デザイン専門学校

コースアドバイザーによる業界・職業の適性チェックもある夏の体験イベント

 業界に直結した学びの場を提供しているファッションの学校・バンタンデザイン研究所。同校では、地方在住者であってもスクールを選ぶための情報不足に陥らないため、全国各地で説明会を開催している。

 全国ガイダンスということで、専門分野に詳しいコースアドバイザーによる業界・職業の適性チェックもあり。作品BOOKやショー映像など、同校在学生の実力がわかる作品を、きっちり紹介してくれるという。もちろん、就職サポート、在学中のデビュー情報から活躍中の卒業生や最新の就職実績も教えてくれる。

 なお、予め学校説明会に参加していれば、7月27日(日)より東京と大阪で開催される「サマーセミナー’08」の受講料10,000円が無料になる特典がついてくる。同セミナーの開催期間は、開催地、及び希望するコースにより日程が異なっている。

●問い合わせ
 バンタンデザイン研究所
 東京校
 デザイナーズメゾン  TEL:0120-03-4775
 セッションタワー  TEL:0120-66-6591
 大阪校
 クリエイターズキューブ  TEL:0120-75-7333

バンタンデザイン研究所

夏休みオープンキャンパス&体験授業の無料送迎バスあり、7月12日(土)・13日(日)郡山ビッグアイで

 日本電子学校では、来る7月12日(土)・13日(日)、福島県郡山市にある「郡山ビッグアイ(郡山駅前)」にて、同校のCG・アニメ・ゲーム・デザイン・IT分野で学ぶ学生の作品展示をはじめ、教員による特別講演・体験授業などを行うフェアを開催する。同校への進学を考えている人に、実際に『見て・聞いて・触れて』もらうことで、学校の雰囲気を丸ごと体験してもらおうという大イベントだ。

 社会人や大学生活の経験者も多く学んでいるという同校だが、フェア当日は、レーシングゲームのタイムトライアルをはじめ、現役のアニメ監督による特別講演会などを実施されるという。開催が郡山ということで、夏休みのオープンキャンパス&体験授業の無料送迎バスの申し込みもできる。

<CG・アニメ・ゲーム・デザイン・ITフェア2008>
日時:7月12日(土)12:00から・13日(日)10:30〜
会場:郡山ビックアイ7階(郡山市民プラザ内)
開催内容:CG・アニメ・ゲーム・デザイン・ITについての学生作品展示、講演や体験授業など
費用:無料

●問い合わせ
 日本電子学校  TEL:0120-00-9691

日本電子学校

 毎回参加しても楽しめる、TBC学院の学校説明会、7月の説明会も6回も!

 全9教科、26のカリキュラムコースを誇るのがTBC学院だ。「未来を必ず手に入れる道が、国際情報ビジネス専門学校にある!」というコンセプトで多くのカリキュラムを展開中だ。この夏季の体験入学チャンスも、受講検討者にとっては嬉しい限り。

 例えば、多様化していくデザインの仕事、表現豊かなアーティストを目指す、というのが「クリエイト科」だ。デジタルクリエイター学科ではアニメや漫画が学べる。「情報IT科」では、多彩なビジネスシーン!時代が求める先端スキルを手に入れる情報処理学科、システムアドミニストレータ学科が用意されており、「マネジメント科」では時代のニーズを捉えたアイデアと企画力!プロのビジネスパーソンを目指すためのカリキュラムとして販売経理総務学科や販売学科があり、「国際トラベル科」では楽しい旅やイベントをサポートするための専門スキルとして楽しい旅やイベントをサポートするための専門スキルを学ぶことができる。

ビデオ上映も見ることができ、カリキュラムの説明も聞くことができる。7月の説明会日程は以下のようである。5日(土),12日(土),23日(水),25日(金),27日(日),30日(水) 。自分の夢に向かって、こんなに用意されている説明会のチャンスを積極的に利用しよう!

TBC学院体験イベント

必見!在校生&卒業生のマンガをサイト上で公開、スキルアップを!

 ドラマも映画も、原作を辿ればマンガやコミック作品であることが多い昨今・・・。また、携帯電話でコミックが読めたり、文学作品までがマンガ作品として再登場するような時代になった。

 そんな中、渋谷の日本デザイナー学院は、デザインやマンガを重点的に学ぶコースが人気を呼んでいる。既に体験入学やオープンキャンパスは始まっているが、技術的な問題を解決する助けとなるスキルアップ講座も用意しているという。今月は6月27日(金)にMacスキルアップ講座を実施するが(18:30〜21:00)、体験授業と学校説明会は29日(日)に予定されている。

 また、同校のサイトでは、在学生や卒業生によって実祭に描かれたマンガ作品を公開している。

<日本デザイナー学院・体験入学>
日時:
6月27日(金)※Macスキルアップ講座 18:30〜21:00
6月29日(日)※体験授業&学校説明会 13:00〜
会場:日本デザイナー学院

●問い合わせ
 日本デザイナー学院  TEL:03-3770-5581

日本デザイナー学院
神戸デザイナー学院は夜間部も充実・インテリアもCGも学べちゃう

 本当は現役からデザイン学校に進んで勉強したかったと言う人や、美大に行きたかったが受験をあきらめてサラリーマンになった人等々。クリエイティブ分野への進学は、けっこう勇気がいるものだ。挑戦する前に断念した人も多いようだ。才能があるのかな?とかタイミングが悪かったなど、クリエイティブ分野については努力だけではどうにもならないことも多々あるのが現実だ。また、経済的な理由など、現実的な事情も加味されての決断ということもあるだろう。

 とはいえ、やはり一度見た夢は諦めきれないもの。「あの時、本当はデザインをやってみたかった」という想いを抱いている人は多いだろう。そんな人たちのために、神戸デザイナー学院では、働きながらでも通えるようにクリエイティブデザイン学科夜間部を設置している。
 同学院同学科には、グラフィックデザイン専攻、イラストレーション専攻、インテリアデザイン専攻、キャラクターまんが専攻があり。デジタル制作に取り組み、コンペや展覧会に出品する機会も多いという。また、キャラクターデザインメディア向けのイラスト、アニメーション企画制作、業界のニーズでもあるモンスターデザインなども行っていくという。

 同学院は、創立38年となるデザイン校。時代と流行を生み出すデザイン業界とデザインを利用するビジネスや、地域社会へ対応できるクリエイターを生み出す「感性リレーション」教育プロジェクトなどを導入しているという。

●問い合わせ
 神戸デザイナー学院  TEL:0120-35-2299

神戸デザイナー学院
軽食も用意、5月18日(日)より直方や小倉、佐賀などから運行開始する

 社会人や大学・短大卒業生が多く入学しているという麻生塾・麻生専門学校グループ。同グループは、麻生情報ビジネス専門学校や、麻生建築&デザイン専門学校など、製菓、観光、外語、工科、医療、看護、福祉など、九州最大の12校からなる専門学校だ。

 同校では、早くも5月18日(日)よりオープンキャンパスを開催する。参加してみたいけれども、なかなかタイミングのよい交通機関が見つからない、或いは交通費が大変で参加が厳しいと思う人は、無料送迎バスツアーを利用してみてはいかがだろう。なんと、九州各地と山口県から、学校までの無料往復送迎バスを運行してくれるというのだから安心だ。

 このチャンスに、気になる分野の学校を見学してみたらいかがだろう。社会人も多く学んでいるということで、学校の雰囲気を知ることで今後の学びの指針が見えてくるかもしれない。なお、バス車内での飲食は自由だが、13:00始まりのオープンキャンパスに参加する便では、車内で軽食が配られるという。出発地や運行予定など、詳細は直接確認のこと。直近の5月18日(日)は、直方、飯塚、羽犬塚、小倉、佐賀、久留米からの便が予定されている。

●問い合わせ
 麻生塾・麻生グループ  TEL:0120-37-1007

麻生塾
オペラシティで開催!歴史を飾った美しきF1マシンをアートギャラリーで

 F1に限らず、モータースポーツファンには伝説の存在である故アイルトン・セナ。セナはホンダびいきだったことでも知られ、日本では特に人気があったドライバーだ。そのセナのチャンピオンマシンをはじめ、ロータスやルノーなど、総勢8台のF1マシンが、音楽の殿堂、初台の東京オベラシティにやってくる。

 「F1疾走するデザイン」と題された展覧会は、既に4月12日(土)から始まっているが、会期は6月29日(日)まで。東京オペラシティアートギャラリーの展示室にて、マシンを展示。実際に歴史を飾ったマシンを、間近に見ることができるという。ホンダにはホンダのマシン、トヨタにはトヨタと、国内でもF1マシンを目にする機会はあるものの、8台ものマシンをまとめて見られる機会は貴重だ。

 同展覧会は、F1マシンをデザインの観点から見つめるというものなので、モータースポーツファンならずとも、デザインに興味のある人なら楽しめる内容となっている。研ぎ澄まされた形、進化するエンジン、300キロで駆け抜けていく計算しつくされたボディ。いつもはテレビで観ているマシンが、どのくらいの大きさで、どんな色をしているのか、そして、いかにドライバーは低い位置でドライブしているのかなど、実際に見て感ずることは多いはず。

 今年のF1GPは、佐藤琢磨や中嶋一貴というふたりの人気ドライバーも参戦して、日本人としては楽しみなシーズン。セナの命日の5月1日にも展覧会は開催されているので、マクラーレンMP4を見ながらセナの走りを思い出してみたら?

<F1疾走するデザイン>
期間:6月29日(日)まで
会場:東京オペラシティアートギャラリー
開館時間:11:00〜19:00
(※金・土は11:00〜20:00、いずれも最終入場は閉館30分前まで)
入場料:一般1,200円(1,000円)、大学・高校生1,000円(800円)、中学・小学生600円(400円)

●問い合わせ
 東京オペラシティアートギャラリー  TEL:03-5353-0756

東京オペラシティ

大阪デザイナー学院を地元で知るチャンス・夢を捨てないで

 今の生活を変えたいと、専門学校での学び直しを考えている社会人にとって、学校説明会に参加するのは簡単なことではない。なにしろ、時間がとれないし、地方在住とあってはなおさらだ。

 そんな中、大阪デザイナー学院、ビジュアルアーツ、大阪ビジネスカレッジ、大阪観光専門学校なら、全国各地で学校説明会が開催されるという。最新の学校情報が聞けるのはもちろん、進路選びの疑問や不安にも答えてくれるという。

 大阪デザイナー学院はグラフィック、デザイン、アニメ、キャラクターなどの科目が設置されている。どうように大阪ビジネスはファッション、トータルビューティ、マスコミ、ペットなどの学科、ビジュアルアーツは放送演劇、声優、映像音響などの学科をそろえ、大阪観光専門学校では、ブライダル、トラベル、ホテル、鉄道サービス、などと各校多様な課程を擁している。これだけの課程が、目白押しなので、大変に役立つ説明会なっている。

 学校説明会は4月14日(月)に出雲市のパルメイト出雲を皮切りに開催される。以下、松江、高知、松山、米子、奈良、高松、倉吉、名張、岡山、鳥取、大阪、三次、広島、津山、和歌山、桜井、京都、彦根、長浜、福山、舞鶴、神戸、徳島などで実施される。

●問い合わせ
 大阪安達学園  TEL:0120-79-2299

大阪安達学園

北海道でのデザイン学校・自由で伸びやかにアニメやデザインを学ぶ

 北海道デザイン専門学校は、ホームページ上でも「大学・短大・社会人の方へ」と題したメッセージを発信している。体験入学やオーブンキャンパス、社会人の学び直しやダブルスクールといっても、興味はあっても、実歳に行動に移せないケースが多いだろう。だが、勇気を出して踏み込んだ人たちの明るい笑顔や、飾り気のない正直な文章を目にすると、自分にもできそうな気がしてくるから不思議なものだ。

 同校では、平成20年度の学校説明会や体験入学にスケジュールは、まだ発表されていないが、近々決定する予定だという。体験入学は、高校生たちだけのイベントではない!参加者にはプレゼントや、交通費の補助など、さまざまな特典が用意されているようなので、気になる人はぜひ!

 なお、同校に入学した人たちの中には、美術とは無関係の大学や学校を出た人が数多く在籍しているという。夢を追い求めるには、経験は無用。好きな仕事に向かってまい進してほしいという。

●問い合わせ
 美専学園・北海道芸術デザイン専門学校  TEL:0120-58-8896

美専学園・北海道芸術デザイン専門学校
夜間部の授業も見学できる!「学びたい」人にとって有難い夜間に説明会
 進学を考える社会人や大学生、フリーターの人のために、デザイン・マンガの日本デザイナー学院では、来る2月20日(水)、夜間説明会を開催する。当日は、19:00からの開始となるので、仕事や学校帰りでも余裕をもって参加できる。同校の教育に対する説明はもとより、既卒者が、どのようにデザイン業界やマンガ業界での仕事を獲得しているかについても説明されるという。

 なお、同校の既卒者在籍の割合は、昼間部で19%、夜間部で64%だという。説明会当日は、夜間部の授業や学校の様子も見学できるということなので、再入学に対する不安の解消にも役立つかもしれない。

<日本デザイナー学院・夜間学校説明会>
日時:2月20日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
場所:本デザイナー学院(東京・渋谷)

●問い合わせ
 日本デザイナー学院  TEL:03-3770-5581

日本デザイナー学院
2月11日(月・祝)声優系進学相談会を開催!アニメ監督のトークもあり

 アートカレッジ神戸では、来る2月11日(月・建国記念の日)、生田神社会館において、マンガ・アニメ・デザイン・イラスト・声優系の進学相談会を開催する。当日は、なんとスペシャルゲストが3人も登場してトークショーまで開催するという。

 そのゲストとは、アニメーション監督である今敏、声優の飯塚昭三、アニメソング歌手で声優の桃井はるこの各氏。トークショーは、当日、3度に分けて開催されるので、興味のある人は、スケジュールを確認して参加を。

<アートカレッジ神戸・進学相談会>
日時:2月11日(月・祝)11:30〜16:00
場所:生田神社会館

●問い合わせ
 アートカレッジ神戸  TEL:078-857-3005

専門学校アートカレッジ神戸
総文学会造形デザイン特別講座で永澤陽一氏がパリコレの作品の工程パフォーマンス
 桜美林大学の総合文化学群総文学会では、来る1月22日(火)、金沢美術工芸大学大学院教授で「無印良品」の衣料品ディレクターを勤めたことでも知られるファッションデザイナー・永澤陽一氏を講師に迎え「総文学会造形デザイン特別講座・永澤陽一氏が語るファッション・デザインの世界」というセミナーを開催する。同セミナーでは、パリ、ミラノコレクションの作品ができるまでの工程、実際のデザインが決まるまでやテキスタイルについて、同氏に語ってもらう予定だという。

 当日は、同氏が1997年より参加しているパリコレクション3シーズンのDVD上映と解説、スタッフによるテキスタイルからヨーロピアン立体裁断へのパフォーマンスを行なう。

<総文学会造形デザイン特別講座・永澤陽一氏が語るファッション・デザインの世界>
日時:1月22日(火)16:10〜17:40
場所:桜美林大学町田キャンパス太平館レクチャーホール(A200)
料金:無料

●問い合せ
 桜美林大学  TEL:042-797-2661(代)

桜美林大学
モバイルゲーム企画やアバター背景デザイン、絵本制作などのプレゼンテーション

 東京コミュニケーションアート専門学校では、「we are TCA 2008」と題されたイベントを、来る2月15日(金)〜16日(土)、千葉県の幕張メッセで開催する。同校の学生たちが、産学協同教育をコンセプトに、企業プロジェクトやデビュープロジェクト作品などを発表・展示・プレゼンテーションを行うという。

 プレゼンテーションでは、モバイルゲーム企画やアバター背景デザイン、絵本制作やウェディングステーショナリーのデザインなどが予定されている。なお、昨年の会場の様子は、同校のホームページにて、動画が公開されている。

<we are TCA!2008>
日時:2月15日(金)10:00〜18:00・16日(土)10:00〜17:30
会場:幕張メッセ・国際展示場ホール10

●問い合わせ
 TCA東京コミュニケーションアート専門学校  TEL:03-3688-3421

TCA東京コミュニケーションアート専門学校

プロセス重視型のユニークな試験システム、転職、就職に有利な資格

 建築物や工業製品の設計デザインで多用されるOAソフトと言えばCAD。昔は鉛筆で紙の図面に線を引いて行っていた作業だが、今はCADを使用して同様の作業が簡単にできる。デザインそのものを考え出す力も勿論必要だが、CADをうまく使いこなせるようになれば設計技術やデザイン関係の転職・就職に有利だ。もし既にスクールに通うなどで勉強しているのであれば、腕試しに、来年2月に実施されるCAD実務キャリア認定制度の資格試験を受けてみてはどうだろう。締め切りは今月27日だから、できれば急いで申し込みたい。

  同制度の試験はCADを利用している実務者やCAD教育を受けている人を対象に、CADに関する実務的な技術の成果を認定するもの。CAD実務マスター認定試験、CAD実務トレーサー認定試験、CADアドミニストレーター認定試験、3次元CADトレーサー認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験の5試験で構成されている。実務図面の読解力やCAD操作に関する知識を問うものが主で、各自実技と筆記の部門がある。CAD実務マスター認定試験、CAD実務トレーサー認定試験では提出書類なども採点対象としたCAD利用に関する実務的な技術を審査。プロセス重視型のユニークな試験システムが特徴だ。

 初級者であればCADアドミニストレーター認定試験から受験したい。実技では、CADシステムの操作能力と図形の理解力のほか、数種の図形パターンから、条件に基づいて図を完成する問題などが出題。筆記ではCADを扱う上で必要なコンピューター知識が試される。同試験のみ指定地区で随時試験が実施されているから、一斉試験の日に都合がつかないようであれば利用したい。

 3次元CADトレーサー認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験は、最近主に3次元CADの需要が高いことへ対応しているようだ。勿論建築デザインそのものの力をつけることが一番重要だが、せっかくのツールなのだから、うまく使いこなせるようにしておこう!

<第20回試験概要>
試験日時:2008年2月3日(日)
申込締切日:2007年12月27日
問い合わせ:CAD検定協会 運営事務局 TEL:03-5272-1140 

在宅、フリーなどでも活動できる!チラシ作成などで.店舗の販売促進を担う


 安売りや特価商品などを知らせるスーパーのチラシなどでお馴染みの、POP広告。手書きによる一定のレタリングや装飾文字の技術が必要とされる。そんなPOP広告作成者の技能を審査するのが公開経営指導協会のPOP広告クリエイター技能審査試験だ。同職種に従事する人々の社会的・経済的地位の向上を図るなどの目的で実施されている。

 1987年より厚生労働省の「技能審査認定規定」に基づき、公開経営指導協会が厚生労働大臣の認定を受け開始。2002年度より同協会認定準公的資格となった。単なるレタリング技術ではなく、販売促進のためのコミュニケーションツールとしてPOP広告を捉えているのが特長。人々の感性にいかに訴えることができるかということを考えた上で幅広いPOP広告作成能力を審査する。

 試験は2月、8月と年に2回あり、店舗・サービス機関などにおける販売促進知識を問う学科試験と、POP広告作成に必要な技能を見る実技試験がある。実技では160分もの広告作成作業を実施。角ゴシックや丸ゴシックなどのレタリングのほか、装飾文字による横長熟語、ショーカード作成、プライスカード作成、ポスター風POP作成などが課せられる。取得すればスーパーのほか、デザイン事務所などに勤務する際に有利だ。在宅やフリーで活動する事もできる。入門には手軽な上、実質的な資格といえるだろう。

<第43回POP広告クリエイター検定概要>
試験日時:2008年2月16日(土)
申込期間:2007年12月3日〜2008年1月11日
会場:東京、札幌、新潟、金沢、名古屋、大阪、福岡
受験料:5,410円(消費税 郵便切手代含む)
問い合わせ:公開経営 試験事務センター TEL:03-3557-3782

全7ジャンル!ファッションショーとプレゼンテーションで美の饗宴

 大阪のマロニエファッションデザイン専門学校では、毎年、開催している「マロニエファッショングランプリ」を、今年度も開催。来る、12月15日(土)〜16日(日)に、同校で開催される運びだ。

 創立56年のデザイン教育の歴史と伝統を誇る同校のファッションデザイン学科では、ファッションデザイナー、パターンメーカー、モデリストなど、ファッション商品の開発から企画、サンプル製作、工業縫製までを修得するために、アパレルデザイン専攻、オートクチュールデザイン専攻、キャリアアップ専攻の3専攻に分かれて学習するという。その、伝統ある同校のファッショングランプリ。今年も残り少なくなってきたところで、将来の名デザイナーたちの作品にふれるのも楽しそうだ。

 審査は、下記の全7ジャンルで競われる。
・クリエイティブコレクション:ステージで個性的なファッションが競演
・トータルスタイリングコレクション:スタイリング作品をショー形式で発表
・クリエイティブプランニング:未来のビジネスをステージでプレゼンテーション
・リアルショップ:来場者にお似合いのファッションを提案するショップ型展示
・トワリスト:プライベートブランドの企画をトワルで表現
・ボディデコレーション:ボディに描かれるディスプレイ技術とコーディネートセンス
・ファッションアート:美しいイラストや独創的なアート作品を発表

 なお、同校では、随時学校見学を受け付けている。平日の9:30〜15:00 の間に授業を見学できる。美への近道は、体験や学校見学など自分の目で確かめるのが一番だ。


<マロニエファッショングランプリ2008>
日時:12月15日(土)〜12月16日(日) 11:00〜19:00(16日は18:00まで)
会場:マロニエファッションデザイン専門学校 デザイン学舎

ファッションショー開演時間:11:30・13:30・16:00(両日共通)
プレゼンテーション開演時間:15:00(両日共通)

●問い合わせ
 マロニエファッションデザイン専門学校  TEL:06-6358-0222

マロニエファッショングランプリ2008

印刷物を作るため必要なデジタルの製版技術、WEB技術も兼た人も  


 本や雑誌をはじめ、新聞にスーパーのチラシ広告、さてまた株券や会社の伝票・帳票など、生活に広く浸透している印刷物。昔は活版印刷だった印刷技術の世界も、DTPが導入されて10年以上経ち、すっかりデジタル化されたものとなった。

 DTPとは、デジタル画面で作り上げた文字や画像のデータを、印刷物のフイルムとして出力する技術。現在、多くの出版物がDTPで作られており、画像や文字のデータ処理、レイアウト、カラープロセスといった知識が必要となる。印刷業界や印刷物のデザイナーとしての就・転職を考えているなら一連の印刷工程をDTPでこなすための知識・技術は身につけておきたい。DTP関連の資格はいくつかあるが、とりあえず今から勉強するなら来年3月に試験のあるDTPエキスパート認証試験を受けてみてはどうだろうか。

 DTPエキスパート認証試験は日本印刷技術協会が実施する試験で、DTP技術に必要な能力を筆記と実技課題両方の側面からテストする。特徴としては筆記試験に4時間、締め切りまで3週間の課題試験ととにかく量が多い。結果もかなり詳細に受験者の状況について分析したものが送られてくるため通知まで2ヵ月かかる。
 受験資格に実務経験は必要ないが、この資格を通して確かなDTP技術を学ぶことができるため合格すれば確かなスキルの証明となるようだ。

 最近は印刷物のDTPと併せてWEBデザインの仕事を兼ねる人も多く、WEB分野の業務をする際にも強い。2年間の更新制度があり、技術革新などにも対応しているから将来性もある資格だ。

<DTPエキスパート概要>
試験日時:2008年3月16日(日)
申込締切日:2008年1月16日〜2月18日
会場:東京会場、大阪会場、名古屋会場、福岡会場、各指定講座会場
受験料:20,000円(税込み)
問い合わせ:日本印刷技術協会DTPエキスパート認証・登録事務局 TEL:03-3384-3115
2  

タグ