新社会人eラーニング認知度調査 - 9割が『eラーニングを使って学習したい』『機会があれば学習したい』と回答

【アンケート調査】 この春から社会人となった「新社会人」に、eラーニングの認知度を聞いてみた結果を発表しています。


---以下、調査レポート

新社会人eラーニング認知度調査

eラーニング戦略研究所は、この4月から新社会人となった全国の22-25歳の男女を対象に、
『新社会人のeラーニング学習に関する興味と傾向』に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数100)

【アンケート結果】
◆eラーニングを使って学習してみたい内容としては、男女ともに
『資格』『語学』『パソコンスキル』が上位3位を占め、4位には、
 男性が『ビジネスマナー』、女性が『趣味・生活関連(料理、ダイエット等)』と続いた。
 また、最下位には『彼氏・彼女の作り方』がランクインした。

◆何を使ってeラーニング学習を行いたいかという問いには、
 9割以上が『パソコン』と回答。次点は『携帯』で27.0%。

◆9割近くが『eラーニングを使って学習したい』『機会があれば学習したい』と回答。
 新社会人のほとんどがeラーニングを学習手段として活用したいと考えていることがわかった。

◆eラーニングを使って学習したいと思った理由については、
『好きな時間に学習できるから(87.6%)』『場所を選ばずに学習できるから(70.8%)』が
 圧倒的多数。男女問わず、好きなときに好きな場所で学習できるメリットは大きい。

◆一方、eラーニングを使って学習したいと思わない理由として、
6割以上が『モチベーションが維持できるか不安』と回答。
一人で孤独に勉強するという従来のeラーニングのイメージが、
学習の継続や効果を不安視するいちばんの要因になっている様子が浮き彫りになった。

◆eラーニングを使って学習したいと思わない理由次点は
『学習したい講座が実在するかわからない(45.5%)』、
 次いで『しっかりと学べるか不安(36.4%)』。

----------------------------------------------------------------------------------------
eラーニング戦略研究所発行「調査・研究レポート」の資料を請求して頂いた方には、
今回ご紹介の"eラーニングについてのアンケート"詳細レポートをプレゼント!!

◆資料請求はコチラ
http://study.jp/esri/documents.html
----------------------------------------------------------------------------------------

【まとめ】
以上の結果から、多くの社会人がスキルアップや語学力アップのためにeラーニングを活用したい
と考えていることがわかりました。いつでもどこでも気軽に学べて、反復学習にも向いている
eラーニングは、忙しい社会人にとって、自分磨きの強力なツールになることでしょう。

例えば、ライブ配信される最新の授業を自宅にいながら学べるシステムなどもあり、こういった
講座を活用すればさらに学びのステージが広がりそうです。


【アンケート結果】
・eラーニングを使って何を学習してみたいか(複数回答可)
 資格(68.5%)
 語学(67.4%)
 パソコンスキル(33.7%)
 ビジネスマナー(31.5%)
 趣味・生活関連(料理、ダイエット等)(29.2%)
 業務に直結するスキル(マネジメント等)(19.1%)
 一目置かれるビジネスマン/ウーマンになるためのヒント講座(11.2%)
 新サービスや技術習得(ipadとは?等)(6.7%)
 彼氏・彼女の作り方(5.6%)

----------------------------------------------------------------------------------------
eラーニング戦略研究所発行「調査・研究レポート」の資料を請求して頂いた方には、
今回ご紹介の"eラーニングについてのアンケート"詳細レポートをプレゼント!!

◆資料請求はコチラ
http://study.jp/esri/documents.html
-----------------------------------------------------------------------------------------

【アンケート調査概要】
調査期間 :2010年4月2日(金)-4月5日(月)
調査対象 :全国の22-25歳の新社会人、男女100名(大学卒)
男女内訳 :男性(42%)、女性(58%)
年齢別内訳:22歳(68%)、23歳(18%)、24歳(7%)、25歳(7%)


【eラーニング戦略研究所とは】
eラーニングシステムの提供事業を行う株式会社デジタル・ナレッジが2007年4月に設立したeラーニング専門の
研究所です。『デジタル・ナレッジ』の15年以上に及ぶ経験を活かし、eラーニングのテクノロジー、マーケット、
教育効果などについての調査・研究活動を通じて社会に貢献することを目的としています。
http://study.jp/esri/


■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:東京都新宿区下宮比町2-26 共同飯田橋ビル6F
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
URL: http://study.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社デジタル・ナレッジ  担当:濱田
TEL:03-5206-5811   FAX:03-5206-5812
e-mail:sales@d-k.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1621

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2010年5月12日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【新製品】  「教室=クラス」での学びを実現!ホスティングサービス 『ナレッジクラス』」です。

次のブログ記事は「「eラーニングが"3時間でわかる"集中セミナー」開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。