「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)


消費者向けのeラーニングでは、テクノロジーを表した名称の「eラーニング」ではなく、サービススタイルを表した名称の「ネットスクール」が使われ始めたようです。

---

以下、抜粋

趣味やスポーツなどのスクールに通っても長続きしない人は多い。その理由の一つが時間の制約。
そんな人に持ってこいなのが時間が融通しやすい「ネットスクール」・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000024-san-soci

 ネットスクールの強みは、時間の制約を受けずに長続きしやすい点にもある。自分のペースで気ままに学べるからだ。
 ヤマハ(静岡県浜松市)の「ミュージックレッスンオンライン」は、「昔習った楽器をもう一度弾きたい」という人に打って付けだ。ピアノやギター、フルート、バイオリンなどの練習を自分のレベルや空き時間に合わせて受講できる。

・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1608

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2010年2月23日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大手前大学 eラーニング 通信教育課程- 特別奨学金を発表」です。

次のブログ記事は「OpenPNEの手嶋屋講演 : 学校卒業生SNS&eラーニングセミナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。