NTTグループのeラーニングへの取り組み

サンケイビズのNTTシリーズ記事で、eラーニングへの取り組みが紹介されています。
個人がeラーニングで学ぶのが普通になる時代が、そろそろ来るのでは。
---
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100211/bsb1002110506002-n1.htm NTT(3)外部と連携 教育・出版で「種まき」
以下、抜粋。
---
NTTグループでは初めて、消費者向けのネットスクール「Nアカデミー」を展開する新会社「NTTナレッジ・スクウェア」(東京都港区、資本金4億8000万円)が発足したのは昨年9月18日。新会社はNTTグループが79.8%、残り20.2%をネット教育で約10年の歴史があるベンチャー企業の「デジタル・ナレッジ」(東京都千代田区)が出資した。

各種講義では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やチャット、仮想空間といったネット技術を活用し、ネット上に「クラスルーム」を設置。双方向通信で先生やクラスメートと質問や意見交換ができる。動画や静止画の交換も積極的に行い、自分のゴルフスイングやスイーツの出来栄えを採点してもらえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1603

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2010年2月13日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもの習い事は英会話が人気」です。

次のブログ記事は「大手前大学通信教育課程説明会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。