【東京開催】楽しく続けられる"eラーニングの新しいカタチ"<新製品体験セミナー>

eラーニングでビジネス展開を検討されているお客様必見
大勢の仲間と学ぶ「クラスルームエデュケーション」のご提案 概要

eラーニングといえば、これまで1対1で学ぶスタイルが主流でした。
しかし今、新しいeラーニングのカタチが注目されています。

キーワードは「クラスルームエデュケーション」。
その内容とは!?

詳細はぜひセミナーへお越しください!


■教材中心のeラーニングから、指導やコミュニケーションも付加した学びへ
これまでのeラーニングは、主に"個人"がいつでも・どこからでも
学べるものが主流でした。

これからのeラーニングは、自宅や外出先に居ながら、
大勢の仲間たちとクラスで共に学び、1対1の個別指導も、グループ
単位での協調学習やグループ指導も可能になります。これからの
eラーニングに欠かせない新たな仕組みを紹介いたします。

■「クラスで学ぶ」とは
学校などの教育現場では、クラスメイトがいる教室で先生が教育を
行っています。教室では、一方的な講義を行うだけでなく、
学生同士が議論したり、友達同士で教えあったり、宿題が出されたり、
先生から叱られたり、時には勉強以外の話をしたり、さまざまな活動が
行われています。


今回ご紹介する新製品『KnowledgeClassroom』は、
このような「教室=クラス」での学びを実現するためのパッケージです。
単なる教材提供だけでなく、先生(教員や指導者)からの指導を受けながら
クラスイトと共に学ぶ環境を実現します。

本セミナーでは、『KnowledgeClassroom』を導入しビジネス展開をされている、
みんなで学ぶネットスクール『N-Academy』様の導入事例も紹介させていただきます。

新たなeラーニングのデフォルトスタンダードとなっていく
『クラスルームエデュケーション』を是非この機会にご覧下さい。


■:プレゼンターとセミナー内容

 14:00~15:00 プラットフォーム事業部長 吉田自由児
  新製品『KnowledgeClassroom』の紹介
   ~いまシステムに求められている機能と動向~
    ・製品の成り立ちとコンセプト
    ・「学びの場」の整理
    ・クラスルームエデュケーションとは

 15:15~16:00 ソリューション事業部長 工藤敏幸
  新製品『KnowledgeClassroom』の導入事例紹介
   ~『KnowledgeClassroom』が採用された理由とは~
    ・製品コンセプトと現場ニーズのマッチング
    ・講座販売を展開する上でのビジネスモデルと『KnowledgeClassroom』の活用ポイント
    ・活用展開例(システムデモンストレーションを交えて)

開催日時

2010年2月19日(金)14:00~16:00(13:30受付開始)
主催

株式会社デジタル・ナレッジ ソリューション事業部
会場

株式会社デジタル・ナレッジ 本社
JR総武線飯田橋駅徒歩3分、東京メトロ東西線飯田橋駅徒歩0分

MAPはこちら
定員

15名(先着順で締め切りとさせて頂きます)
費用

無料
お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ ソリューション事業部 担当:三堀

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-5-11パール飯田橋ビル4F
TEL : 03-5215-1161
FAX : 03-5215-1132
e-mail : sales@study.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1594

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2010年2月 5日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【東京開催】新春eラーニングセミナー」です。

次のブログ記事は「iPad出ました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。