2008年11月アーカイブ

ゆるキャラ「ぱんどせる」がブログを開始-日常を描く

pandoseru.jpg ラーニングネットワークス(渋谷区)が運営する「勉強ができるモバイルSNS『モバスクネット』」のマスコットキャラクター「ぱんどせる」が11月1日、ブログをスタートした。

 ぱんどせるはランドセルのかたちをしたパンダで、「かなりの」ゆるキャラ。出身地は中国で誕生日は7月7日(七夕)。仲間に「わんどせる」「にゃんどせる」などがいる。ブログでは2コマ漫画風にぱんどせるの日常を描く。

 モバスクネットは、受験問題や雑学問題、なぞなぞ、クイズなどを解くことでポイントが付与され、リアルタイムでランキング・偏差値がでるモバイルSNS。昨年8月にオープンし、現在7万9000人の会員をもつ。


ぱんどせるのブログ

携帯向けに「世界ぶらり地理検定」提供開始-多彩なメニューを用意

 ジェイティービー能力開発(豊島区、以下 JHRS)はモバイルコンテンツ事業などを展開・推進する、イマジニア(新宿区)と業務提携契約を締結。11月4日から携帯キャリア3社で「世界ぶらり地理検定」の配信サービスを開始した。

 同サイトはJHRSが毎年2回開催する検定試験「旅行地理検定」を参考に、イマジニアが携帯インターネットの最新機能やエンターテイメント性を付加した携帯サイト。「iモード」向けに11月4日から、「EZweb」「Yahoo!ケータイ」向けに12月から配信を開始する。

 同サイトのメインコンテンツ「ワールドトラベラー」は、旅行ニーズの高い59の国や地域に関する2,000問以上の検定クイズを出題。世界遺産や町並みなどの写真、国旗や地図を使ったクイズに挑戦することが可能。クイズの出題は、選択した国や地域に合わせた民族衣装などを身に着けた「担当教官キャラクター」らが担当。トレーニングを積んで、各国や地域に設定された条件を満たすことで、担当教官キャラクターから、「フランス緊急検定」「メキシコ緊急検定」など「緊急検定」の挑戦状がメールで送られてくる。検定試験に合格することで各担当教官の秘密プロフィールも公開される。このほか、「無人島」から始まる自分の国を大きくしていくコーナーや、「100問連続正解」など一定の条件をクリアすることで勲章を集めていく「勲章ルーム」ほか、さまざまなメニューを提供する。利用料は月額315円。

 JHRSは今回の提携により旅行地理検定で蓄積したノウハウを提供し、旅行地理を楽しく学んでもらう場づくりと、知識を実際に試す検定受験者の増加を狙う。一方のイマジニアは、「ケータイ検定シリーズ」のラインアップ拡充を図り、モバイルコンテンツ事業の拡大を目指す。


ジェイティービー能力開発

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。