通訳になりたい人、まずV通検A級合格を目指せ!対策セミナーが開催

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月6日(土)日本通訳協会主催で集中的に学ぶ

 北京五輪や北京パラリンピックでも大活躍する通訳。語学が好き、海外との交流に興味津々という人にとって、通訳は憧れの職業といえるだろう。

 日本通訳協会では、積極的に通検などの対策講座を開催しているが、来る9月6日(土)、東京で通検V通検合格ポイント・対策セミナーを開催するという。V通検とは、ボランティア通訳の意味で、検定試験の合格者には合格証書を発行し、その実力を認定してもらえる、というもの。
 V通検A級の合格者は(所定の研修を経て)『ボランティア通訳』として、V通検B級の合格者は『アシスタントボランティア通訳』として、(社)日本青少年育成協会に登録できる。それにしたがって仕事が来る。

 同セミナーは、春・秋の年2回、受験級別に開催している1日のみの気軽に参加できるセミナー。通検2級、V通検A級合格を目指し、過去問題を解きながら、合格のポイントを集中的に学べる。
 同セミナー、今回は『通検2級合格対策クラス』と『V通検A級合格対策クラス』の2クラスの実施となる。時間や内容など詳細はホームページで確認を。

<通検/V通検合格ポイント・対策セミナー>
日程:9月6日(土)
会場:日本赤十字看護大学(東京都渋谷区)
定員:36名
講師:河原清志(2級クラス)、柴田バネッサ清美氏(VA級クラス)

●問い合わせ
 日本通訳協会  TEL:03-5925-0531
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18シミズビル6F

日本通訳協会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1572

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年8月28日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観光業界目指す人に役立つ検定!夜景鑑賞士検定マイスターの第一回試験」です。

次のブログ記事は「九州の3大学共同シンポジウム「福岡から考える環境問題」開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。