日本留学のきっかけにドラマやアニメが一役買う・留学アンケート

留学生はマンションで暮らし、お小遣いは5万円以上とプチリッチ

 留学生支援のサクシーオ(港区:代表山本栄弘)は、8月上旬都内在住の留学生に、その暮らしぶりや生活状況をアンケートした。
 それによると、「毎月のお小遣い」は47%以上が5万円以上、「行ったことがある」場所は富士山が39%、京都が33%、北海道が16%、沖縄が13%を全国を旅してある程度の余裕をもった暮らしをしていることがわかった。 また、日本で体験したいことは「料理」が43%、着物が43%、「お茶」が22%となるなど日本文化への体験・興味が高く日本人以上に日本文化に関心が高いことが分かった。
 この留学生の来日のきっかけは、家族友人の薦めが36%、日本文化が25%、ドラマが11%、アニメが9%、漫画が6%となっており、日本文化とまで言われているアニメ・漫画の影響も留学動機に一役買っていることも判明した。

調査は、中国、台湾、米国、韓国、イタリアなどの留学生214名/都内の3大学と専門学校で記入式にて回答

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1581

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年8月29日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google ストリートビュー約7割がプライバシーの侵害に不安抱く」です。

次のブログ記事は「エンジニアはやりがいとスキルアップ重視の仕事選び-ITエンジニア調査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。