放送映像界への近道、専門学校で既卒者対象とした入学説明会

| コメント(0) | トラックバック(0)
8月31日(日)「あいのり」の編集を担当する卒業生も来校して体験談を披露

 社会人になっても夢を諦めきれず、専門学校で学び直しをする人が増えているという。そのような流れを受けて読売理工医療福祉専門学校では、既卒者を対象とした入学説明会を、来る8月31日(日)に開催する運びとなった。大学全入時代が来ると言われているような時代だからこそ、専門学校進学という選択肢がますます重要となる。

 当日は、バラエティ番組「ネプリーグ」、「あいのり」、「ロンドンハーツ」など多数の番組の編集部門を担当している株式会社IMAGICAプラスで活躍中の卒業生も来校予定。その卒業生は、大学を卒業後、諦めきれなかった放送業界への就職を目指し同校へ入学。現在は、現役のエディターとして夢をつかんだ体験談を話してくれるという。なお、学校見学は随時受け付けている。

<既卒者対象・入学説明会>
日時:8月31日(日) 10:00〜
場所:読売理工医療福祉専門学校

●問い合わせ
 読売理工医療福祉専門学校入学相談室  TEL:0120-064-490

読売理工医療福祉専門学校

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1561

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年8月25日 11:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「茨城県で唯一の総合専門学校・1万円免除の特典あり、ランチ付き体験入学」です。

次のブログ記事は「「インターネットバンキング」は手数料の安さで選ぶ-ネットユーザーの声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。