北京五輪は熱い!世界の中の日本のことをもっと知ろう!国際日本検定

日本の国土、自然、衣食住、生活に及ぶ試験範囲、試験は11月に!

 北京オリンピックの開会式の圧倒感!史上最多の国家が参加している今回の北京オリンピック。4年に一度の世界的な大会は、改めて、日本を外から見つめる機会でもある。ビジネスで海外に行くことが多い方などは、「日本のことをもっと知っていたらよかったのに」ということを実感する場面も多いのではないだろうか?
 もし、「日本とはどういう国ですか」と外国人に問われた時に、的確に答えることができるだろうか?日本に興味のある外国人は、時に「源氏物語をどう思いますか?」「俳句と川柳はどう違いますか?」など、聞いてきたり、日本人以上に詳しかったりすることさえある。

 日本人として、自信を持って日本についての紹介や説明ができたら、どんなにすばらしい国際交流ができるだろう!
 そこで、日本についての知識を高めるため、国際日本協会では、「国際日本検定」を実施する。この試験は、今回が2回目で、現在、申込受付中。この検定は、単に外国人に説明・紹介するための日本の文化や社会についての知識を試すだけでなく、国際社会の中における「日本」を見つめなおし、新たな発見や興味を導き、日本に対する理解を一層深めることを目的として実施されるもの」という。
 試験はたとえば、「大相撲の力士はその実力から、ランク付けされるが、そのランクの上位から数えて3番目として適切なものを、次の(1)~(4)のうちから1つ選べ。(1)前頭 (2)関脇 (3)小結 (4)大関 」などの身近な日本文化から、国土、自然、衣食住、生活、習慣、風俗、芸能、スポーツ、社会、ルーツ、歴史、政治、経済、文化、時事まで、あらゆる面で日頃目にしたりする事柄が多く、多面的に日本を知ることができるものだ。申込は郵送で受けつけているという。

問い合わせ 国際日本検定協会  TEL:03-5275-7741国際日本検定協会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1521

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年8月11日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会人対象のECCの進学相談会、TOEICもUP、交通費補助等5特典あり」です。

次のブログ記事は「ニッポンの空の玄関で働きたい!最短で学べる、航空専門学校の体験入学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。