北京五輪で18人もの選手を送り込む筑波大で!英語おしゃべりカフェ体験

| コメント(0) | トラックバック(0)
誰でも参加可能の第1回インターナショナルカフェは8月31日(日)

 感動的な開会式で幕開けした北京五輪は、熱戦につぐ熱戦が続いている!学問の印象の強い筑波大学であるが、同大学は北京五輪に18人もの選手を送り込んでいるという。そしてこの筑波大学であるが、つくば市に住む外国人研究者や留学生と英語のおしゃべりを楽しむ「第1回インターナショナルカフェ」を、来る8月31日(日)に開催する。

 同大LALAガーデンにて開催が予定されている「第1回インターナショナルカフェ」は、コーヒーを飲みながら気軽に国際交流を楽しもうというもの。だれでも何人ででも参加できる。英語に自信がなくても大丈夫!困ったときには、同大の学生らがサポートしてくれるという。

<「第1回インターナショナルカフェ」>
日時:8月31日(日) 14:00〜16:00
場所:LALAガーデンLALAクラブルーム(つくば市小野崎字千駄苅278-1)
参加方法:事前予約、申し込みは不要
参加費:無料

●問い合わせ
 筑波大学インターナショナル・カフェ事務室  TEL:029-853-5825
 〒305-8577茨城県つくば市天王台1-1-1

筑波大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1517

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年8月11日 03:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MSと国立高等専門学校機構が高度IT人材育成で強化合宿」です。

次のブログ記事は「ファッション色彩能力検定2級対策講座など服飾杉野で生涯学習」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。