エンタメ系スクールならでは!SE・音響効果&MAに飛び込み体験してみよう

| コメント(0) | トラックバック(0)

めちゃめちゃ楽しい効果音作りの現場に飛び込み、魅力ある音つくりを見よう!

 三谷幸喜監督の「ラヂオの時間」をご存じだろうか?
 音をいれるタイミングを指示する人、そして必要な音を調達できる道具で作り上げる人。なんとか、それらしく聞かせるために必死になって走り回る人たちに魅力を感じた人は、東放学園の「音響効果・MA体験セミナー」に参加してみてはいかがだろう。

 今や、映像音声が必要なのはテレビや映画、ラジオ番組だけではない。臨場感たっぷりに仮想空間を演出するゲームでも重要な役を担っている。MAとはマルチ・オーディオの略。映像に、音楽・効果音・音声などを付け加える作業のことだ。当日は、テレビ番組で聞こえてくる「音」がどのように加工・編集され、効果的に演出されているのか、同校のMAスタジオにて、とくと体験できるという。

 めちゃめちゃ楽しい!と、いう、音声作りの現場。同セミナーが行われる、テレビ番組などの音声編集専用に設計された、ポストプロダクションスタジオに入ってみるだけでも、貴重な学び体験となりそうだ。

<テレビ番組に音をつけてみよう!音響効果・MA体験セミナー>
日時:7月26日(土)9月6日(土) 10:00〜12:30 14:00〜16:30
会場:東放学園音響専門学校 新宿研究所

●問い合わせ
 東放学園  TEL:0120-343-261

東放学園

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1468

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年7月25日 00:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「児童教育や福祉の合同説明会、〜スクールフェスタ2008で学ぼう」です。

次のブログ記事は「たった1日で「おぉっ!」と言わせる提案力&企画力を取得するセミナーへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。