世界初!日韓で“空”を通じたコミュニティサイトの『ソラトモ』サービス開始

言葉の壁も越えた!韓国携帯電話最大手”と“日本の気象情報会社”が共同で開発

 世界最大の気象情報会社・ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、韓国携帯電話最大手・SKテレコム(所在地:韓国ソウル、President and CEO:Shin Bae Kim)と、この度、グローバルコミュニティーサイト『ソラトモ』の共同開発・運営で両社合意に至った。

 9月1日(月)から、日・韓両国でサービスをスタートするサービスは、言語が異なる国同士でも簡単に交流を図ることができる世界で初の携帯電話・インターネット向けサービス、それはグローバルコミュニティーサイト『ソラトモ』だ。SKテレコムとウェザーニューズの両社が共同で開発し、携帯電話とインターネット上で運営を行う。

 このコミュニティーサイト『ソラトモ』は、「“空”を通じた“友”達」をコンセプトに名付けられたサービスで、言語が違う国の人同士でも友達感覚で気軽に交流を図ることができるサービス。サービスは、リアルタイム自動翻訳システムにより、書き込みなどの掲載内容をサイト上でリアルタイムに反映できるため、日本語と韓国語のそれぞれ異なる言語でも、サイト上で簡単に交流を図ることが可能。サイトでは、日本語版と韓国語版のそれぞれ異なる言語が用意されており、“天気”、“観光”、“グルメ”など様々な情報を扱うという。
 携帯電話利用者は、それら情報を見るだけでなく、その情報に対する質問なども気軽に書き込むことができ、書き込んだタイミングで自動的に一方の言語に変換されるため、リアルタイムでの交流を図ることが可能に。韓国では、国民の半数以上が契約するSKテレコムと、日本で160万人の有料会員を持つウェザーニューズが協力することで、サイトの利用促進する。尚、携帯電話サイト「ソラトモする」は、月額利用料105円、韓国では3,000ウォン(約300円)で利用できるという。気軽に使って、韓国と言う国や生活などに興味がわけば、韓国語にも親近感が沸くなど語学への架け橋にもなるだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1487

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年7月31日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「“自分らしく”を発揮するために「自律力」を磨こう」です。

次のブログ記事は「名古屋の専門学校で学ぼう!ランチ付き、遠方からでもOK、無料の体験バスツアーに!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。