洞爺湖サミットでも大活躍!海外の来賓にも日本の“美”生け花を披露

| コメント(0) | トラックバック(0)
英語または日本語で解説しながら生け花を実践、草月流のデモンストレーション

 冠婚葬祭で欠かせない生け花だが、たとえば、あなたが勤める会社で大切なお客様をもてなすときも、すばらしいお花は必要不可欠な存在だろう。そこで、斬新な生け花として知られる草月流では、海外からの賓客、企業のお客様などを対象として、目の前で、数点のいけばなが完成するまでを見てもらう「海外賓客のためのデモンストレーションとレッスン」というコースを用意している。

 講師による生け花のデモンストレーションということで、ベテラン講師が、英語または日本語で解説しながら生け花を実践していくという。基本のスタイルから、季節の花を取り混ぜたフリースタイルの作品まで、目の前で披露ししてもらうことができるという。

 また、さらに、その場に居合わせた参加者が実祭に生け花を体験してみることも可能だという(別料金)。料金は1名から4名までの場合、ひとりあたり40,000円から45,000円程度だという。華やかで想像力を刺激させてくれる草月流の生け花体験なら、大切な海外からのお客様やビジネスパートナーにも喜んでもらえるかもしれない。

●問い合わせ
 草月いけばな  Tel:03-3408-1151

草月

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1365

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年6月27日 01:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「養成認定校なら通学中に資格がとれる!学費免除もありの学校説明会へ」です。

次のブログ記事は「東京芸術劇場でパイプオルガンの歴史と仕組み、構造の見学体験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。