京都国立博物館・入館料のみで聴講できる講座を毎週土曜に開催

| コメント(0) | トラックバック(0)
展覧会や展示品に関連した講座・テーマによっては外部講師もあり

 京都国立博物館では、毎週土曜日の午後13:30から、同館研究員による展覧会や展示品に関連した講座を行っているという。料金は入館料のみというので、土曜に同館を見学した際はチェックしてみてはいかがだろう。

 6月は、21日に「墨跡と鑑定された宸翰」(研究員・羽田聡氏)、28日に「伝狩野元信筆大涅槃図について」(美術室長・山本英男氏)というテーマで開催される。

 博物館や美術館を見るのは楽しいが、ゆっくり歩いての見学は疲れるものだ。ちょっと椅子に腰掛けて足を休めるついでに、気軽に専門家の話に耳を傾けるということは、至福の学びの瞬間といえるかもしれない。

●問い合わせ
 京都国立博物館  TEL:075-525-2473

京都国立博物館

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1339

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年6月19日 01:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊予の国で藍染め体験・旅の思い出に歴史と伝統文化を学ぶ」です。

次のブログ記事は「旧朝香宮邸・東京都庭園美術館で名演奏にひたる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。