新車披露パーティーで学生が制作した立体CG映像が上映される

| コメント(0) | トラックバック(0)
有名なオートバイメーカーのDUCATIのプロモーション用に

 若い力が世界に認められた!日本電子専門学校・高度コンピュータグラフィックス科3年生の石井悠太さんと佐々木哲也さんが制作したプロモーション用の立体CG映像が、去る6月9日(月)、有名なオートバイメーカーDUCATI新車披露パーティーで上映された。

 同校同科では、産学連携授業として、映像制作会社(株)ガレットとコラボレーション。石井さんと佐々木さんは、その制作会議から参加し、DUCATI Monster696のモデリングをはじめ、アニメーションなどの制作を担当した。およそ1ヶ月間かけて制作された映像は、東京・六本木にあるHONEYS GARDEN TOKYOで行われた新車披露パーティー会場にて、裸眼立体ディスプレイを用いて上映されたという(裸眼立体ディスプレイは、裸眼のままで立体映像が見れる特殊なディスプレイ)。

 あいにくの雨に見舞われたパーティー当日は、海外からの来賓を含み、多くの関係者が参加し華やかな雰囲気にあふれていたようだ。

●問い合わせ
 日本電子専門学校  TEL:0120-00-9691

日本電子専門学校

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1374

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年6月30日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都は今でも平安京!源氏物語千年紀・光源氏の時代をさぐる」です。

次のブログ記事は「宇都宮の専門学校・ペットボトルでワクチンを、環境問題を学ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。