おサイフケータイの認知度は8割、利用シーンは「買い物の支払い」

おサイフケータイの1カ月の利用料金は1,000円未満が約3割

 ケータイで簡単に支払いのできるおサイフケータイ。どの程度の利用がなされているのか、インターネットコムと goo リサーチが「おサイフケータイに関する調査」を行った。
 まずは「おサイフケータイ」の認知度を知るため、「あなたは『おサイフケータイ(FeliCa)』を知っていますか」と全体に聞いてみたところ、「知っている」との回答は82.60%(864人)で、認知度は8割程度。また、「聞いたことはあるが、どんなものかは知らない」の14.63%(153人)をあわせ、言葉自体の認知度は9割を超えていた。 

 次に携帯電話を持っている961人(全体の91.87%)に、使用している携帯電話がおサイフケータイに対応しているのかを尋ねた。「対応している」との回答55.46%(533人)と、「対応しているものと対応していないものがある」の2.71%(26人)を合わせ、おサイフケータイ対応携帯電話を所有している人は、携帯電話所有者の58.17%(559人)、約6割だった。

 その次に、おサイフケータイ所有者559人に、「おサイフケータイを利用したことがあるか」を尋ねたところ「ある」との回答は28.80%(161人)であり、利用者は3割弱。どういった時に利用するかでは「買い物の支払い」が149人(92.55%)、続いて「交通機関の運賃支払い」53人(32.92%)、「飲食店での支払い」51人(31.68%)と続く。1カ月間の利用金額は「1,000円未満」(48人:29.81%)、「1,000円以上3,000円未満」(38人:23.60%)、「3,000円以上5,000円未満」(32人:19.88%)、「5,000円以上1万円未満」(29人:18.01%)となっている。利用者は小口の支払い、と言う傾向があるようだ。

調査対象:全国10代~50代以上の goo ユーザー1,046人。
男女比は男性53.15%、女性46.85%、年齢別は10代8.13%、20代26.00%、30代20.94%、40代16.35%、50代以上28.59%。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1372

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年6月27日 23:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「六本木ヒルズで美容を学ぶ!健康や食事も考えるアンチエイジングセミナー」です。

次のブログ記事は「コンビニエンスストア業界において初のサービスがファミマでスタート!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。