ラジコン飛行機大空を舞う!7月20日(日)スケールエアレース

| コメント(0) | トラックバック(0)
故アイルトン・セナも熱心なラジコンファンだった!技術を競うファンの大会

 自分で離陸着陸を操作して楽しむラジコン飛行機。時折、山や高原、河川敷などでラジコン飛行機を操縦して楽しんでいるファンの姿を見かけることもあるだろう。自らの手で機体を組み立てた愛機が、颯爽と飛び立っていく姿を見ることは、日ごろのストレス解消にもなって豊かな時間を過ごせるのだとか。

 そのようなラジコンファンが集い、腕を競い合うスケールエアレース2008・イーストラウンド大会が、来る7月20日(日)、栃木県・栃木RCクラブ飛行場で開催されるという(主催はRC AIR WORLD、J.S.A.R.A.、後援は日本ラジコン電波安全協会と小川精機)。エントリーの費用は、1クラス6,000円でランチ込み。ダブルエントリーだと10,000円となる。

 参加資格は、同レースの主旨およびルールを理解し、有効なR/C保険に加入していること、ひとりで離着陸が安全にできるフライト技術を持っていること、ラジコン操縦士の登録をしていることとなっている。大会へのエントリーや問い合わせ、レースのレギュレーションなどの詳細はホームページで。

 ちなみに、そのラジコン飛行機に夢中だったことで知られるのが、F1ドライバーの故アイルトン・セナ(1994年5月にレース中の事故で死亡)。メカニックにも愛されたセナは、ホンダエンジンを搭載したラジコン飛行機をホンダからプレゼントされたことがあるらしい。

<スケールエアレース2008・イーストラウンド大会>
日時:7月20日(日)
会場:栃木RCクラブ飛行場
主催:RC AIR WORLD、J.S.A.R.A.(Japan Scale Air Racing Association)
後援:日本ラジコン電波安全協会、小川精機
協賛:株式会社OK模型
費用:1クラス6,000円(ランチ込) ダブルエントリーは1,0000円
※エントリー時の事前支払いのみ

スケールエアレース2008・イーストラウンド大会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1361

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年6月25日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旅のスナップを上手に撮るにはどうする?500円で体験レッスン」です。

次のブログ記事は「話題の地下鉄副都心線開通、体験レッスンもますます便利になった学校」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。