英語学習の無料サイト、ユーザーが20万人に増加、学びの仲間を見つけよう

アイノウ、最近では、ニコニコ動画と連携を発表したばかり

 無料の英語学習サイト運営のセレゴ・ジャパンは、2008年6月25日、運営する SNS 型無料英語学習サイト「iKnow!」のユーザー数が20万人を突破と発表した。iKnow!は、アプリケーションに搭載している学習エンジンに改良を加える形で機能を追加している。
 
 今までは設定する必要があった「学習期間の設定」を行わなくても、学習エンジンが自動的に個々のユーザーに対して最適な学習進度を計測し、1日の学習アイテム数と学習内容を提示できるようになった。さらに、今までは記憶定着率が100%となったアイテムの学習はできなかったが、反復学習が必要な時点で再学習を促し、記憶定着率を維持することができるようになった。
 サイトの最新日記コーナーでは、「28th JUNE is my 25 years old 」とか「初TOEIC受験終了~!」など、読めば身近で面白いコメントが満載。英語学習を無料でできるのが魅力のこのサイト。自分でも発信できることが動機にもなり、仲間とともに学べるので、孤独感も解消できるというもの。サイトを発表した08年12月当初は5万人だった登録者が増加している根底には、機能追加ごとに利用の便が高まってきたからだろうと思われる。語学は継続していかないと見る見るうちに語学力は衰える。様々な機能を活用して、学びを継続するのが肝心だ。くじけそうになったら、こういった無料でも学べるサイトで、仲間をみつけて頑張ってみよう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1381

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年6月30日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏競馬&洞爺湖サミット、そしてナイト★体験入学も北海道で!」です。

次のブログ記事は「もうすぐ七夕!ロマンティックな「七夕物語」、ウンチクを復習してみよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。