SNS の人脈をビジネスに活かせ!仲間つくりで情報交換を

人気サイトのmixi や greeをどう活かすか?認知度はどんどん高まっている

 mixi や gree が人気サイトになり、SNS 参加者も増加の一途だ。そのSNS だが、ビジネスに影響を与えているのだろうか?。そこでインターネットコムとマーシュ社は SNS について調査した。
その結果から SNS の人脈をビジネスに活かせるのは主に情報交換であることが判明した。さらに、新規顧客の開拓につながったものもあるようだ。

最初に 「SNS について知っているかどうか」全員に質問した。その結果は、「詳しく説明できるくらい知っている」が16.7%(50人)、「よく知っている」が39.7%(119人)、「言葉はきいたことがある」37.3%(112人)、「全く知らない」が6.3%(19人)となった。

「詳しく説明できるくらい知っている」と「よく知っている」を合わせると56.4%が SNS について理解していることになり、認知度は大きく高まってきている。

その上で、「詳しく説明できるくらい知っている」と回答した人に、参加している SNS を教えてもらった。複数のサイトを利用している場合は、いずれもカウントした。やはり結果は、mixi と gree を利用している人が多く、mixi 利用者が95.5%(42人)、gree 利用者が25.0%(11人)となった。

次に、各々
に SNS 内に何人の友達がいるかを同じ回答者に聞いたところ、「1~10人」が38.6%(17人)、「11~30人」が13.6%、「31~50人」が27.3%、「51~100人」11.4%(5人)などとなった。

続けて、「SNS のつながりやSNS で作った人脈が仕事で役立った経験がありますか」と尋ねたところ、43.2%(19人)が「はい」と回答した。4割強が Web スペースでのつながりを現実のビジネスで活用できているという。また、SNS 人脈を活かせた場面について尋ねたところ、「新規開拓営業先を見つけた」が21.1%(4人)、もっとも多かった回答は「仕事に役立つ情報交換ができた」の68.4%(14人)であった。「SNS で知り合った方が顧客になった」と答えた回答者もいた。

 Web を介したコミュニケーションをビジネスに活かしている人も少ないながら存在している。SNSは今後活かせるメディアの可能性を秘めいているものといえる。
調査は全国の10代から60代以上の男女300人を対象に行った。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別では10代20.0%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代14.7%、60代以上5.3%となっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1276

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年5月30日 21:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高級料亭の一流シェフの夢をかなえる!調理学校一日体験入学」です。

次のブログ記事は「携帯音楽プレーヤーの人気はiPod 、ソニー、パナソニックの順番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。