夜間はデザイン学校の学生に!イラストやアニメ、クリェイテブな活動を

| コメント(0) | トラックバック(0)
神戸デザイナー学院は夜間部も充実・インテリアもCGも学べちゃう

 本当は現役からデザイン学校に進んで勉強したかったと言う人や、美大に行きたかったが受験をあきらめてサラリーマンになった人等々。クリエイティブ分野への進学は、けっこう勇気がいるものだ。挑戦する前に断念した人も多いようだ。才能があるのかな?とかタイミングが悪かったなど、クリエイティブ分野については努力だけではどうにもならないことも多々あるのが現実だ。また、経済的な理由など、現実的な事情も加味されての決断ということもあるだろう。

 とはいえ、やはり一度見た夢は諦めきれないもの。「あの時、本当はデザインをやってみたかった」という想いを抱いている人は多いだろう。そんな人たちのために、神戸デザイナー学院では、働きながらでも通えるようにクリエイティブデザイン学科夜間部を設置している。
 同学院同学科には、グラフィックデザイン専攻、イラストレーション専攻、インテリアデザイン専攻、キャラクターまんが専攻があり。デジタル制作に取り組み、コンペや展覧会に出品する機会も多いという。また、キャラクターデザインメディア向けのイラスト、アニメーション企画制作、業界のニーズでもあるモンスターデザインなども行っていくという。

 同学院は、創立38年となるデザイン校。時代と流行を生み出すデザイン業界とデザインを利用するビジネスや、地域社会へ対応できるクリエイターを生み出す「感性リレーション」教育プロジェクトなどを導入しているという。

●問い合わせ
 神戸デザイナー学院  TEL:0120-35-2299

神戸デザイナー学院

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1270

ホームページ 素材 イラスト レーションから専門 学校まで - まずは専門学校へ行きましょう (2008年6月 3日 22:22)

イラストレーターになるには、特に資格はいりません。しかし、突如、彗星のごとく現れてイラストレーターになる人もまれにいるかと思いますが、ほぼ無といってもいい... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年5月29日 02:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK大河ドラマ「篤姫」の時代考証人の講演会」です。

次のブログ記事は「洞爺湖サミットや地球温暖化、今やeco意識は必須の時代「eco検定試験」対策セミナー開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。