モータースポーツの聖地・鈴鹿サーキットのサイトでドライビングを学ぶ

後部座席もシートベルト着用!アナタの安全意識向上策に!

 6月1日(日)より、自動車の後部座席でもシートベルト着用が義務化されることになっている。ドライビングに自信がある人も、そうでない人も、交通安全について確認するきっかけとなりそうだ。

 三重県の鈴鹿サーキットは、本田技研が運営するサーキット。2006年まではF1日本GPが開催されていたことでも知られているが、遊園地やホテルが隣接されており、テーマパークとしても人気のある施設だ。その鈴鹿サーキットでは、モータースポーツのプロや愛好家を育てるレーシングスクールを開設。一般向けとしては、クルマやバイクの運転及び交通安全のための講習会なども行っているという。さらにホームページでは、知っていれば便利な運転の豆知識や、ドライパーの安全意識をその場でクイズ形式で確認できる「おもしろセーフティーチェック」などを掲載し、クルマやバイクを愛する人をサポートしている。後部座席のシートベルトを着用する練習をしたら、安全な運転の復習をしてみたら?

●問い合わせ
鈴鹿サーキット  TEL:059-378-1111(代表)

鈴鹿サーキット

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1273

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年5月30日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の広告費は、インターネット広告費用が4年連続で増加」です。

次のブログ記事は「5月31日は世界禁煙デー!120分でタバコが止められる禁煙セミナ開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。