近世史の田中優子教授が語る「世界のなかの江戸時代」公開講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本近世文化とアジア比較文化について、誰でもが学べるチャンスの記念講演会

 東京の法政大学では、来る5月31日(土)、エクステンション・カレッジのオーブンを記念して、同大社会学部教授である田中優子氏を迎え、「世界のなかの江戸時代」というテーマで講演会を開催する。

 同氏は、日本近世文化とアジア比較文化が専門。江戸時代の文学を専攻し、その研究範囲は江戸時代の美術や生活文化、海外貿易や経済、音曲などに及び、江戸時代の生活そのものを深く追究しているという。さらに同氏は、中国文学を中心に、東アジアと江戸の交流や比較研究をすすめ、江戸時代の価値観から見た現代社会の問題などについても意見を述べ、テレビ番組サンデーモーニングでもコメンテーターとしても活躍しているのはご存知のとおりだ。

 ちなみに江戸時代は、大河ドラマや時代劇が好きな人にとっては興味津々の時代だとか。事前申し込みの必要はないので、気楽に参加してみてはいかがだろう。当日は、同大エクステンション・カレッジの開講記念ということで、講演会のあとは講座ごとの説明会もあるという。

<世界の中の江戸時代>
日時:5月31日(土) 13:00〜14:00
講師:田中優子(法政大学社会学部教授)
定員:200名
会場:法政大学中学高等学校オレンジホール

●問い合わせ
 法政大学  TEL:03-3264-6098

法政大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1259

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年5月26日 00:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IT資格所持すると、銀行のローンの金利が有利になるって本当?」です。

次のブログ記事は「育児工学や育児と仕事の両立に役立つプレママサロン、公開講座の開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。