聞いておぼえる中国語・災害時にもオリンピックにも役に立つ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
スピードラーニング中国語で音楽を聴くように中国文化を学ぶ

 語学学習のキャッチコピーで、よく目にするのが「聞くだけで身につく○○語」という文言。これはおもしろい!絶対に続けられそうだ!と、思うものの、果たして本当に効果があるのかと不安に思う人も多いはず。でも、やっぱり言葉の学習の基本は聞くことから!上質のシナリオで、実用的に学ぶと同時に、その国の文化や伝統なども一緒に理解できたら最高だろう。

 「スピードラーニング中国語」は、ビジネスや観光で中国語が話せたら、世界はもっと広がると思っている人に使ってもらいたい教材。北京オリンピック、冷凍ギョウザ、そしてこのたびの四川大地震の災害など、中国語が必要とされる場面は、もはやビジネスの世界だけではなくなっているようだ。

 その中国の魅力を存分に理解してもらうために、におい・味・音・雰囲気が十分に伝わるシナリオで、聞き流すだけの学習法を試してみたらいかがだろう。まずは耳から。音楽を聴くように中国語に接し、実用的な中国語を身につけられたら、北京オリンピックや中国映画も、より楽しめるようになるかもしれない。

●問い合わせ
 スピードラーニング(R)中国語  TEL:0120-01-5560

スピードラーニング(R)中国語

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1254

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年5月23日 02:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネタは「天声人語」仕事や勉強の合間にゲーム感覚で漢字を学ぶ」です。

次のブログ記事は「名古屋の専門学校・カプコンの学内就職試験も行われる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。