世界の中の日本を学ぶために、歴史能力検定受験締め切り迫る!

歴史能力検定で文化と歴史に強くなろう、仕事に観光に役立つ能力がつく!


 2006年10月現在で、海外にいる日本人は、106万4,000人弱で永住者は約33万人といわれている。北米に41万人(アメリカに37万人)、アジアには28万人(うち中国12万人)、英国6万人、ドイツ3万人、フランス3万人、などである。
 この場合、最も気になるのは、歴史認識。外国から日本にくる人、それも日本文化に興味をもっている人たちは、必ず日本の歴史と文化について勉強をしてくるとか聞く。これからの時代、観光のみではなく海外で仕事をするとかワーキングホリディで行くにしても、しっかりと自国、日本につき、「知識がある」ということは国際化だからこそ、必須のこととなるだろう。
 そこで、日本の歴史と文化なら「歴史能力検定」が役立つ。異なる歴史的・文化的背景や価値観を持つ人々と共生していくためには、我が国の歴史や伝統、文化を深く理解し、異なる歴史的・文化的背景を持つ人々に対し、これを適切に説明し理解を求めたり、主張したりすることのできる能力が必要」というものだ。

 2級は高等学校程度、3級は中学、5級は小学程度となっている。
この申し込みは4月からすでに開始されているが、締め切りは、5月30日だ。検定は、7月6日(日)となっている。なんと1級を合格すると、「高等学校卒業程度認定試験」(旧大検)の受験が免除となるというメリットもあるそうだ。

 受験者数は、2000年には9,835人であったが、2007年には46,360人と4倍に増加。人気のほどが伺えるというものだ。

連絡先 歴史能力検定協会  電話:03-3913-6407

歴史能力検定協会  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1226

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年5月13日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちょっと困ったときの神頼み!大学院生による無料法律相談」です。

次のブログ記事は「社会人の“学びなおしニーズ”を文科省が後押し、プログラムを公募」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。