来年5月実施の「裁判員制度」、不安や疑問に答えてくれる説明会が開催

| コメント(0) | トラックバック(0)
誰が選ばれるの?何をするの?この際だから学んでみよう東京商工会議所のセミナー
 来年5月に実施が予定されている裁判員制度。実際のところ、裁判所に呼ばれる日時はいつ頃通知されるのか、裁判員を辞退できるのはどのような場合なのか、審理にかかる日数はどのくらいかなど、だれしもが疑問に思うことは多いはず。ましては、会社の経営者や人事の担当者であれば、人ごとではないだろう。法律なんて知らないし、どうしたらいいんだろう?疑問は募る。

 そこで東京商工会議所では、そのような疑問に答えるため、来る5月16日(金)に「裁判員制度説明会」を開催する。当日は、東京地方裁判所から半田判事が解説にあたる。参加申し込みは前日まで。開催場所は、東京都文京区の文京シビックセンターとなっている。

 講義内容は、「裁判員裁判、あなたも体験してみませんか」のDVD上映で、講師から制度の概要などのポイント解説があり、その後、裁判員選任手続きや日当など、制度の詳細が説明される。最後に30分間の質疑応答が用意されている。

<会社経営者、総務・人事担当者のための「裁判員制度」説明会>
日時:05月16日(金) 14:00〜16:00
場所:文京シビックセンター 5F研修室AB
講師:半田靖史判事(東京地方裁判所)
対象:小規模事業者および従業員等
定員:50名
料金:無料

●問い合わせ
 東京商工会議所文京支部  TEL:03-3811-2683

東京商工会議所

*「Study.jp 学びタイムズ」のメールマガジンを希望される方は、こちらの登録フォームからお申し込みください。購読は無料です。登録はこちらからどうぞ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1217

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年5月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インドのダンス全身で表情豊かに、ヨガ、ベリーダンス基礎教室で学ぶ」です。

次のブログ記事は「偽装食品続く!食の安全や企業の倫理を問う・神戸国際大では講演会開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。