iKnowにユーザー生成機能つきマイリストが追加されてますます便利

ユーザーによるコンテンツ生成機能「マイリスト」が追加された

 学習エンジン機能付き英語学習 SNS サイト「iKnow!」を運営するセレゴ・ジャパンは2008年5月21日、ユーザーによるコンテンツ生成機能「マイリスト」を追加した。

iKnow! β版開始以来、閉鎖された学習環境をオープン化していく第1ステップだという。このマイリストは、ソーシャルラーニングプラットフォーム「iKnow! 2.0」を目指す UGC(User Generated Contents)の新機能第1弾だ。マイリストでは、ユーザーは iKnow! のアイテム(教材)を利用、独自内容のリストを作り、それを学習教材化できる。この教材は、他のユーザーとの共有、非共有も設定できる。

同社ではマイリスト機能を追加するに当たって、既存の iKnow! アイテムバンクにある1万4,000語彙に、アイテム候補辞書13万6,000語彙を追加、15万語彙を用意した。ユーザーはこの15万語彙を使用、マイリスト機能を使い、独自の学習コンテンツを作成できるようになる。コンテンツにはある程度のクオリティコントロールが必要だが、同社では、ユーザーによるランキング評価機能を用意、コミュニティによる自然発生的なコントロールを期待している。

すでに、テスト的にユーザーが作成したマイリストとして「Steve Jobs の感動的スピーチ」「Rails プログラマのための英語」などが出ている。同社では第2ステップ以降に、iKnow! にはない単語も追加できるようにする予定。また、今年の年末に50万ユーザー獲得を目指しているという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1258

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年5月23日 03:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会人の学び直し・経験を積んでいる人ほど児童教育の専門家に!」です。

次のブログ記事は「IT資格所持すると、銀行のローンの金利が有利になるって本当?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。