源氏物語千年紀・京都なら学べる!着物学校の十二単装着コース

| コメント(0) | トラックバック(0)
伝統と歴史・宮廷衣装十二単の着付けとロイヤルマナーを学習

 ゴールデンウイークや葵祭など、そろそろ京都観光も本格化!京都を旅すれば、ちらりと目にする芸妓さんや舞妓さん、さらりと粋に和服を着流している人……。そんな人たちに憧れて、着物の着付けに興味をもった人もいるだろう。だが、普通の着付けなら全国どこでも学べるが、京都でなければ学べない着付けの方法がひとつだけある。

 それは、日本の宮廷衣装・十二単!京都きもの学院京都本校では、日本で唯一、十二単の着付けを学べる「十二単装着コース」があるという。同コースでは、十二単の着装法、知識、かつらの扱い方などを分かりやすくご指導しています。十二単・束帯(宮廷衣装)着装は、着物着付とは全く異なっているのだそうで、逆に、一般の着付が未経験であっても、問題なく学べるという。また、装着法と同時にロイヤルマナーも学習できるという。一石二鳥の十二単コース、雅な京で、気楽に挑戦してみては?

<京都きもの学院十二単・衣紋道コース>
日時:日程は随時 10:00〜12:00 13:00〜15:30
授業料:2,500円/回、10,000円/月(1ヶ月間何回でも受講可能)

●問い合わせ
 京都きもの学院京都本校  TEL:075-254-8877

京都きもの学院京都本校

*「Study.jp 学びタイムズ」のメールマガジンを希望される方は、こちらの登録フォームからお申し込みください。購読は無料です。登録はこちらからどうぞ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1183

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年4月25日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビジュアル辞典チャンネルがスタート、動物シリーズで英語を学ぼう」です。

次のブログ記事は「ものづくりの視点でロケット開発、日本の宇宙技術の最前線を聞いてみよう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。