「鉄は熱いうちに打て!」入社した後の現場教育に役立つ教材

人事・教育担当者の62.1%が「新人配属後の現場教育に問題あり」と認識
 日本能率協会マネジメントセンター(東京都港区・代表取締役社長:吉田元治)は、2008年4月1日より、新入社員育成担当者向けの通信教育「新人育成基本コース」を開講した。売り手市場の採用状況が続いてはいるが、社会人としての基礎力は年々低下傾向にある、といわれている。
 新人・若手社員の入社後教育には、多くの企業が頭を悩ませている問題だという。
そこで「鉄は熱いうちに打て」ということで、社会人としての基盤を形成する入社初期段階で社員教育に力をいれて「育てるべきときにきちんと育てる姿勢」がこれまで以上に求められているのだという。

 日本能率協会マネジメントセンターが、企業の人事・教育担当者に行った若手社員教育についてのアンケート(回答者数:264名)によると、 「新人配属後の現場教育に問題がある」と答えている割合は62.1%にも上った。そこで同センターでは、こうした課題を踏まえ、新人育成を担う若手~中堅社員向けの通信教育「新入社員のひとり立ちを支援する 新人育成基本コース」を開発した。
 この講座の特長は、下記の3点だ。
 ①新人の抱えがちな不安と自らに求められる役割を理解し、主体的な役割意識を醸成できる。
 ②新人の成長過程に沿って学習を進め、各成長段階にあわせた指導に必要な知識・スキルを学べる。
 ③客観的アセスメント方法であるTAS診断により、自らのコミュニケーションスタイルを理解し、
   多様なタイプの新人を受容できる土台を形成できる。

新入社員教育として基本の充実が図られるということだ。

通信教育: 「新入社員のひとり立ちを支援する 新人育成基本コース」
商品概要: 対  象 新入社員の育成担当者(若手~中堅社員)
受講期間: 4ヶ月
受講方式: 通信教育(レポート提出・添削4回、記述式)
納 品 物: テキスト4冊、レポート問題集4冊
TAS診断 :(Transactional Analysis & Stress Check)
      副教材「新入社員向けハンドブック(MY STEP UP BOOK)
 実施費用 一般受講料26,250円(税込)、特別受講料2,050円(税込)

新人育成基本コース 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1123

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年4月 8日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外留学の検討者に“留学情報”専門のサイトがオープン」です。

次のブログ記事は「テレビゲームの新人クリエーターを全国規模で発掘!「ゲーム甲子園」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。