自分の手でブロンズ作品を作る!6月と7月の日曜に体験講座

| コメント(0) | トラックバック(0)
鋳造は横浜美術館で・手のひらサイズのブロンズ作品製作体験

 美術館や野外で見かけるブロンズ彫刻。果たして、どのようにして造られているのだろうか?実は、専門家のあいだでしか行なわれない、鋳造という方法で造られているのだとか……。

 その、専門家の手を介さないと制作できないブロンズ作品だが、横浜美術館のワークショップ「小さなブロンズ作品づくりコース」に参加すれば、自分の手で作ることができるという。同コースでは、まず、館内に展示されている彫刻を鑑賞してから、実際に自分の手で蝋原形の制作を体験できるという。各自、鋳型をつくり終えたら、美術館において鋳造をしてくれるというものだ。参加者は、ロストワックス法で手のひらにのる小さなブロンズ作品制作を体験することになるという。

 同コースの開催は、6月1日(日)、22日(日)。申し込み締切は5月20日(火)、参加費は4,500円となっている。

<小さなブロンズ作品づくりコース>
日程:6月1日(日)、6月22日(日) 14:00〜16:30
定員:8名
参加費:4,500円
締切日:5月20日(火)

●問い合わせ
 横浜美術館市民のアトリエ  TEL:045-221-0366

横浜美術館

*「Study.jp 学びタイムズ」のメールマガジンを希望される方は、こちらの登録フォームからお申し込みください。購読は無料です。登録はこちらからどうぞ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1193

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年4月28日 04:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都で学ぶ町家文化のしきたり,端午の節句は大将さんのお祭りへ」です。

次のブログ記事は「世界遺産白神岳をカラダで体験・ガイドつきの登山コースを体験する機会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。