5月の京都・葵祭もいいけれど、静かに座禅や写経はいかが?

| コメント(0) | トラックバック(0)
南禅寺なら早朝の座禅が無料!般若心経の写経体験は1,000円で

 今年も葵祭の季節がやってきた!
 5月の京都は格別に美しいものだが、観光で急ぐ足を緩め、座禅や写経で静かなときを過ごしてみてはいかがだろう。

 「天下の龍門」の別称で名高い三門がある南禅寺では、三門の特別拝観のほか、座禅会や般若心経の写経体験も実施している。三門の楼上より、古都の絶景を堪能したら、心穏やかに写経をしてみてはいかがだろう。写経は毎月15日の13:00より。参加費は1,000円となっており、般若心経唱和・法話のあと、引続き写経に入るという。写経道具は持参の必要はないという。

 折しも5月15日(火)は葵祭のまっただ中。京が最も賑やかで華やぐ日に、どっしりと落ち着きのある南禅寺で写経というのもおもしろそうだ。

 また、第2、第4日曜日の早朝6:00には、座禅と10分間の法話を聞くことができる。こちらは参加費無料となっているので、朝の散歩を兼ねて参加してみたら?

<南禅寺写経会>
日程:毎月15日 13:00〜
納経料:1,000円(写経道具は不要)

<暁天座禅>
日程:毎月第2、第4日曜日 6:00〜7:00(冬期は6:30〜)
参加費:無料

●問い合わせ
 南禅院(写経)  TEL:075-771-0365
 龍淵閣(暁天座禅)  TEL:075-771-0365

南禅寺

*「Study.jp 学びタイムズ」のメールマガジンを希望される方は、こちらの登録フォームからお申し込みください。購読は無料です。登録はこちらからどうぞ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1199

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年4月30日 00:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日で写真の魅力を実感!日本写真芸術専門学校の体験入学」です。

次のブログ記事は「ビル・ゲイツも注目のマインドマップって何?“脳の使い方講座”が開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。