安全な手作り餃子を美味しく作るコツを学んじゃおう、中国料理教室で

| コメント(0) | トラックバック(0)
主婦ら34人が参加・佐賀県調理製菓専門学校の中国料理講師が伝授

 中国製冷凍餃子の食中毒事件で、大好きな餃子を食べられなくなった・・。そんな人たちのために、佐賀市の佐賀調理製菓専門学校では、去る3月23日(土)、「手作り餃子教室」を開催した。安全な地元の食材を使った本格的な餃子作りを学べるということで、当日は、主婦ら34人が参加し、自らの手で作る餃子を楽しんだという。

 このたびの中国製冷凍餃子の有機リン系殺虫剤混入事件が社会問題化したのを受け、全国調理師養成施設協会では、加盟する専門学校などに、安全な地産地消の餃子を作るための講習会開催を提案しているという。

 その流れを受け、同校では、輸入品に頼らなくても、安全な地元の食材を使えば、簡単に美味しい餃子ができることを家庭や地域に広めたいということで、中国料理の白石明男講師が、小麦粉を練って作る本格的な餃子の調理法を紹介したのだという。

●問い合わせ
 佐賀調理製菓専門学校  TEL:0952-22-2001

佐賀調理製菓専門学校

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1079

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年3月26日 00:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビデオオンデマンドでも!数学を学びたい人には分かりやすい教材」です。

次のブログ記事は「女性こそIT業界へ!出産後でも働きたい人のためのセミナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。