花見酒はこれで決まり!神戸大企画の純米酒「神戸の香」新発売

| コメント(0) | トラックバック(0)

スーパー酒米プロジェクト「杜氏の夢」を使って、富久錦が醸造・販売した生酒


 そろそろ桜の開花状況が気になる季節。お花見の宴や歓送迎会など、お酒を飲む機会は増える一方・・・。そこで、お酒の席の気の利いた話題のひとつとして、3月25日(月)に販売されるという「神戸の香」を試してみてはいかがだろう。

 「神戸の香」は、神戸大学が企画した純米大吟醸酒で、兵庫県農林水産技術総合センターと同大大学院農学研究科が共同した「スーパー酒米プロジェクト」の成果として育種した酒米「杜氏の夢」を、農学研究科附属食資源教育研究センターが栽培し、兵庫県加西市の富久錦株式会社が醸造・販売するというもの。産官学連携によるお酒ということだが、今年で3年目となるという。瓶ラベルと化粧箱には、これまで同じく画家の岸本吉弘(人間発達環境学研究科准教授)の絵と、書家の魚住和晃(国際文化学研究科教授・魚住卿山)の書が使われているという。

 このたび発売されるのは搾りたての生酒で、1本3,000円(税込、送料別)となっている。

●問い合わせ
 神戸大学  TEL:078-881-1212

神戸大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1067

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年3月21日 02:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地図を読む力を養える、仕事や趣味に活かせる地図力検定試験」です。

次のブログ記事は「英語検定受験が携帯電話で申し込みが可能に、10日より受け付け開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。