My箸も作れる!人数限定のセミナー“お箸の持ち方から歴史に至るまで”学べる

| コメント(0) | トラックバック(0)
世界の箸と日本の箸、伝統行事と箸など日本人なら知りたい知識を学ぼう
 普段、なにげなく使っている箸。小浜の最高級の塗り箸とまではいかなくても、自分の手にあった、しっくりくる箸を探すのは容易なことではない。ましてや、箸の歴史や正式な使い方など、曖昧な知識しか持ち合わせていないという人が大半なのではないだろうか。

 もちろん、箸は日本人の食卓には欠かせない存在である。そこでフードアナリスト協会では、来る4月11日(金)、横浜において、「箸の歴史から魅せる箸の持ち方、世界で1つの箸作りまで」と題するセミナーを開催する。意外と知られていない箸の歴史、世界の箸と日本の箸、日本の伝統行事と箸、箸の持ち方、箸の使い方などのほか、ぜひとも確認しておきたい嫌い箸についても教えてくれるという。

 さらに、自分の手の大きさに合ったMy箸を作ることができる!家族や恋人など、大切な人に会った箸を作って贈りたいのであれば、相手の親指と人差し指をのばした間隔の長さを事前に測っておけば大丈夫だ。朝ドラの「ちりとてちん」を観て、箸に興味を持った人や、今さら聞けない箸の持ち方をこっそりおさらいしたいという人にもオススメだ。

<〜箸の歴史から魅せる箸の持ち方、世界で1つの箸作りまで〜>
日時:4月11日(金) 13:00〜15:00
会場:カルチャーモール マナマナトレッサ横浜
講師:フードアナリスト蔦
定員:15名
受講料:3,150円(教材費税込)

●問い合わせ
 カルチャーモールマナマナトレッサ横浜  TEL:045-534-2280

フードアナリスト協会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1058

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年3月19日 01:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「プルコギ」のグ・スーヨン監督に会える、めったにない体験入学」です。

次のブログ記事は「今年のお花見予定者は約6割、復調傾向へ。おにぎりにビールが定番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。