今年のお花見予定者は約6割、復調傾向へ。おにぎりにビールが定番

減少傾向にあったお花見参加意向が、今年は復調、約6割の人が「お花見」を計画!
 今年のさくら開花も待ち遠しい時期となった。そこで、アサヒビール(東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、3月5日~11日にインターネットで“お花見に関する意識調査”を実施し、1,806人の有効回答を得た。それによると、約6割の方がお花見を計画中で、一緒にいくメンバーは家族、。男性は「花見酒」派、女性は「お花見ランチ」派が主流。そして、お花見に欠かせないグルメは、食べ物は「おにぎり」、飲み物は「ビール」がN0.1という結果に。
 今回の調査では全体の約6割の人が「お花見」参加に前向き。過去同時期に行った調査では、2005年が71.2%、2006年が70.6%、2007年が56.5%と、ここ数年参加意向は減少気味だったが、本年は59.5%と復調の兆しとなった。

 気象庁が発表した桜の開花予想によると、3月26日の静岡、高知、大分を皮切りに、27日に東京、28日に福岡、長崎、29日に和歌山、名古屋・・・と3月末頃から次第に北上していく予定だそう。お花見のシーズンも目前となったこの時期、お花見に関する意識を分析!

Q:今年、お花見に行きますか?
 ⇒全体の約6割が「お花見」の参加・開催に前向き
 ⇒減少していたお花見参加意向が、今年は復調・「お花見」は大人が楽しめる恒例行事。

Q:どんなメンバーでお花見に行きますか?
 ⇒1位は「家族」。女性は「友人」、男性は「会社の同僚」と楽しむ人も多数。
 男性陣に多かったのは「会社の同僚たちと」(男性=24.1%、女性=9.0%)。終業時間とともに職場の同僚と花見に興じる男性サラリーマンが案外多い。

Q:あなたの好きなお花見のスタイルは何ですか?
 ⇒1位は「お花見ランチ」、2位は「お花見散歩」。
 最も回答が多かったのは「ポカポカ陽気の下で楽しむ『お花見ランチ派』」(47.9%)でした。「満開の桜の下で食べるお弁当は格別」(女性50代)など。

Q:絶対に欠かせないお花見グルメは?
 ⇒食べ物では「おにぎり」がナンバーワン。2位は「手作りの花見弁当」。
 堂々の飲み物人気ナンバーワンは「ビール」(74.0%)。「ポカポカの昼間に、ビールを飲みながらの桜は最高」(女性30代)、「懇意にしているお友達数人で焼き鳥を頬張りながら、美味しいビールを飲んで日頃の憂さを晴らしたい」(女性40代)など、夏場のビアガーデンのように気温は高くないものの、アウトドアでビールを飲むのは大変心地良いもの。ましてや、桜の花びらの舞う中であれば、尚さら、ビールの味も格別の美味しさ。同様に3位「チューハイ」(22.4%)、4位「発泡酒」(20.4%)など、アルコール飲料が上位を占めた。
【アサヒ お花見に関する意識調査結果を発表調査概要】
 調査対象 : 全国の20歳以上の男女1,806人(有効回答数、男性855人、女性951人)
 調査方法 : インターネット 
 調査期間 : 2008年3月5日(水)~3月11日(火) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1060

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年3月19日 11:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「My箸も作れる!人数限定のセミナー“お箸の持ち方から歴史に至るまで”学べる」です。

次のブログ記事は「英語関連グッズが最大40%OFF、「英語学習グッズ」プレゼントもある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。