英語チャットがSNSでできる「iKnow! 」がSkype と連携スタート

英語で日記をつけるユーザーもいる、世界の友に出会えるチャンス!

 セレゴ・ジャパンは、登録ユーザー数が全世界で2億7600万人(2007年12月末時点)を越えるコミュニケーション・ソフトウェア「Skype」を、無料英語学習SNS「iKnow! 」上で開始させた。これにより、 iKnow! ユーザー自身の Skype ユーザーステイタス(オンライン/オフライン)を表示できるようになると同時に、 iKnow! 「フレンド」(友達)の Skype ユーザーステイタスを知ることができるようになった。
Skype ユーザー同士であれば、フレンドページの「Skype チャット」リンクをクリック、 Skype チャットを起動できるようになる。
 Skypeは、日本でも500万人以上のユーザーが利用。「iKnow! 」ユーザーがサイト上にて利用できるSkype機能は下記のとおり。
1.Skypeユーザーステイタスの表示設定(ユーザーのオンライン/オフライン表示)
2.Skypeチャットの簡単スタート(ダイレクトアクティベーション)

 ユーザーは、「iKnow! 」のマイページ(ユーザー個人のパーソナルページ)において、フレンド(友達)をクリックすると、フレンド(友達)がSkypeでオンラインかオフラインかを知ることができる。フレンド(友達)ページの「Skypeチャット」リンクをクリックすると、そのフレンドに対して簡単にSkypeチャットを起動する事ができる。

 「iKnow! 」は、昨年10月にサービスを開始して以来、現在までに9万人(2月25日現在)のユーザーを集客。最近の傾向としては、英語で日記をつけるユーザーも目立ち、それに対して英語でコメントをつけるユーザーもいるなど、学んだ英語を積極的に使うユーザーが増えている。「iKnow! 」は、日本発のSNSでありながら、英語でコミュニケーションをとる環境が可能だ。今回の連携により、Skype機能を通じて、英語圏の人達と英語でチャットができることになった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/964

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年2月25日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Web業界への悩みを解決できる、個別相談ありのキャリアセミナーが開催」です。

次のブログ記事は「映像の自信作を送って!「映画祭2008」賞金は100,000円!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。