メディア融合時代のコンテンツプロデューサーを目指す人へ

メディア動向を左右する“ネットと放送”ビジネスの本音に迫る説明会に参加してみよう!
   
 音楽・アニメの専門学校を経営するCATグループでは、08年4月に新しい専門ビジネススクール「東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ」(以下TCPL)を開校するに先立ち、3月8日(土)に無料セミナーと学校説明会を開催する。

 説明会では、新しく開校する『東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ』が目指すプロデューサーとはどういったものか、TCPLの吉原浩一所長が説明をする。続く特別セミナーでは「デジタルコンテンツ流通と振興政策」をテーマに総務省情報通信政策局コンテンツ振興課の倉田哲郎課長補佐が登場。その後、「ネットメディアでのエンタテインメント・プロデュース」および「ネットとテレビの相性は?」と題した2つの特別対談も開催予定である。 今、注目の新しいスクールであり、またコンテンツ・プロデュースという新しい分野につき関心のある方は、参加してみてはいかがだろう。

<「東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ」学校説明会+特別セミナー概要>
日時:2008年3月8日(土)13:00開場 13:30開演
会場:千代田放送会館
  〒102-0094東京都千代田区紀尾井町1-1
参加費:無料(事前登録が必要です)

プログラム
1.『東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ』が目指すプロデューサーとは?
  東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ所長 吉原浩一
2. 特別セミナー:「デジタルコンテンツ流通と振興政策」
  総務省情報通信政策局コンテンツ振興課 課長補佐 倉田哲郎
3. 特別対談:ネットメディアでのエンタテインメント・プロデュース
  株式会社ライブドアメディア事業部インフォメーションメディア部
  エンタメグループ グループリーダー/プロデューサー 辻勝明
 (聞き手:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ 主任講師 青木秀)
4. 特別対談:ネットとテレビの相性は?
  株式会社フジテレビジョンデジタルコンテンツ局デジタル事業センター
  デジタルビジネス推進部長 塚本幹夫
 (聞き手:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ ビジネス/財務講座主任講師 森祐冶)
5. 『東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ』講座開校のご案内

■申し込み方法
必要事項をご記入の上、こちらより送信ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/991

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年2月29日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あなたの脚本が劇団櫂で上演されるかも!賞金は500,000円」です。

次のブログ記事は「専門学校学生が「にいがた国体」プロモーション映像を撮影!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。