「千の風になって」のふるさと・新潟市」まちおこしシンポジウム

 『千の風のふるさと・新潟市』作曲者で作家の新井満さんは新潟市の
 今や日本中で歌われ、親しまれている「千の風になって」の作曲者で作家の新井満さんは新潟市の出身だ。新井さんは、新潟市に在住する友人の悲しみを癒すために「千の風になって」を作ったという。
 したがって新潟市は、いわば「千の風のふるさと」呼んでも過言ではないだろう。
そこで、あの名曲「千の風になって」を活用しながら、どんなまちおこしができるのか、新潟市は、あなたの独創的なアイデアを募集している。

【応募資格】:どなたでも応募できます。(年齢、国籍は問いません)
【応募方法】:専用の応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵便、ファックス、メールの
        いずれかで下記問合せ先までお送りください。
【応募締切】2008年3月10日(月)
【主   催】新潟市
【問合せ先】〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
        新潟市文化政策課内:「千の風のふるさと・新潟市」まちおこしアイデア募集係
        電話:025-226-2560 ファックス:025-230-0450
        Eメール:bunka@city.niigata.lg.jp
       新潟市  

「千の風になって」作曲者
『新井満さんの講演会とシンポジウムの午後」 ~シンポジウム来場者、同時募集!~
■日時:2008年3月22日(土) 開場13:00 開演13:30  終演予定16:30
■会場:りゅーとぴあ 劇場(新潟市民芸術文化会館:新潟市中央区一番掘通町3-2)
■構成:第一部/新井満さんの講演会
           「あの名曲『千の風になって』のふるさとが新潟市であるという噂は本当ですか?」
           「本当です!」
      第二部/シンポジウム
           「『千の風になって』を活用しながら、新潟市の魅力を全国にアピールするには
            どうしたらよいのでしょう?」
          -皆さんから寄せられた「千の風のふるさと・新潟市」
                                 まちおこしアイデアを発表します-
※入場は無料ですが、入場整理券が必要です。
■お申込み方法:入場整理券をご希望の方は、往復はがきに(3月12日(水)必着)希望枚数(1枚
            につき2人まで)、代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入のうえ、下記
            お問合せ先までお送りください。
            ※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。   
            ※アイデアを応募された際に講演会・シンポジウムに参加を希望された方は、
             お申込み不要です。
■お問合せ先   〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
           新潟市文化政策課
            電話:025-226-2560 ファックス:025-230-0450
            Eメール:bunka@city.niigata.lg.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/982

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年2月28日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オンラインゲームする場所は圧倒的に自宅派、ゲーム利用調査発表」です。

次のブログ記事は「メンタルマネージメントと組織活性化手順のセミナー開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。