常に翻訳者は不足状態、インターネット受験システムのほんやく検定

申し込みから受験まですべてオンラインでできる
 翻訳の需要が各方面で高まる中、翻訳者には「商品価値の高い」翻訳力が求められてきている。現職の人はもちろん、将来実務翻訳者をめざしている方も、ぜひ一度(社)日本翻訳連盟(JTF)が実施するJTF<ほんやく検定>を受験して、自身の客観的な翻訳力を試してみてはいかが。
「インターネット受験」システムにより、申込から受験まで、すべてオンラインで行なうことができる。実用レベル2級以上に合格すると、JTF加盟の翻訳会社が約100社あるので、かなりの企業から実際の仕事を獲得する機会が広がるだろう。 
~次回検定情報~
◆第48回 JTFほんやく検定◆

申込開始日:2007年12月より
申込締切日:2008年2月5日(火)17:30
試験実施日:2008年2月23日(土)10:00
結果発表日:2008年4月21日(月)10:00
 
<第48回検定(2008年2月23日実施)の受験申込受付中>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/881

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年2月 1日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学生生活の集大成!東北電子の卒業制作展は2月9日(土)から」です。

次のブログ記事は「MSとウォール ストリート ジャーナル がコンテンツ連動型、有料検索広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。