感謝の言葉を伝えたいのは「妻や夫」に対してが4割という調査結果

「ありがとう」を伝えた著名人はイチロー、長島茂男。照れて言えない“感謝のことば”

 NPO法人HAPPY & THANKS (千葉県・代表理事:福原裕一)では、今年の3月9日(日)に「サンキューデイ=3・9DAY」としてありがとうを伝える日、イベントを開催する。それに先だって「ありがとう」に関するアンケート調査を発表した。
 まず、感謝の言葉を伝えたい相手「妻または夫」の4割、「母親」の2割に対して父親は6%だった。
上位は「妻または夫」が42.9%、「母親」が21.7%、「娘、息子」が7.5%、「父親」が6.3%。
 感謝の言葉伝えたい相手へ実際に伝える頻度としては、3割は「毎日」、2割は「月1回未満」。
 また「あなたが感謝の言葉を一番伝えたい人」の設問に対して、言葉を伝える頻度はどの程度ですかについては「月に1回も伝えていない」人は21.4%だった。
 その中で、月に1回も伝えていない人の半数が、「感謝の気持ちはあるが、照れくさくて言葉にできない」と言う結果に。そこで、実際にあなたが感謝の言葉を伝えている頻度について、考えに最も近いものを一つ選ぶ」の項目では、そのおよそ半数が「感謝の気持ちはある が、「照れくさくて言葉にできない」と答えている。

 このような感謝の言葉とともに、最も渡したいプレゼントは「旅行」がトップだった。続いて、「食事・お酒」が20.6%、「手書きの手紙やメッセージカード」が12.6%とけっこう現実的な結果に。
 そして、『ありがとう』で、イメージするのは「ピンク」色が、33.7%、「赤」が22.5%、「オレンジ」が16.9%と暖 色系が1~3位を占めた。
 感謝の言葉を伝えたい有名人は「イチロー」がダントツでトップ!続いて、長島 茂雄、明石屋さんま、松井 秀樹、コブクロ、野茂 英雄 、DREAMS COME TRUE、江原 啓之、SMAPと人気者が続いた。

■「ありがとう」に関するアンケート調査 概要
 調査対象:全国20代~60代の男女計520名 10歳区切り各セル52名
 調査期間:2008年2月13日(水)~14日(木)
 調査方法:マクロミルモニターを対象としたインターネットリサーチ
 調査主体:特定非営利活動法人HAPPY & THANKS 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/979

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年2月28日 20:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誰でも読める日本史、ネット検索で歴史が分かるサイトが登場」です。

次のブログ記事は「オンラインゲームする場所は圧倒的に自宅派、ゲーム利用調査発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。