「グーグルな人」と「ヤフーな人」とのWEBショップ利用方法アンケート

グーグル利用者とヤフー利用者のショップ購入実態、グーグル人は夜行性が高い?

  Eストアー(独自ドメインウェブショップの総合支援を提供企業)は、Eコマース支援のため、インターネットユーザーの意識や属性調査している。この度、検索サービスの「グーグル」「ヤフー」について、各サービス利用者の属性や意識の違いを調査した結果を発表した。今回はEストアーの「ショップサーブ」で営業中のショップで買い物をした人の中から、グーグル利用者「グーグルな人」とヤフー利用者「ヤフーな人」それぞれ1,000人を調査。ウェブショップで買い物をする時間帯を調べた。

 それによると「グーグルな人」は午前1時から7時にかけて、Webショップで買い物する人が多く、夜行性が高い様子。「ヤフーな人」の買い物が多い時間帯はおよそ18時から21時と夕方から夜の時間帯であることが分かった。 また、「ヤフーな人」の1,000人のうち、ウェブショップで買い物をする際の購入金額が1万円未満の人は699人、1万円以上~2万円未満の人は208人、2万円以上の人は93人。それに比べて「グーグルな人」1,000人のうち、ウェブショップで買い物をする際の購入金額が1万円未満の人は679人、1万円以上~2万円未満の人は183人、2万円以上の人は138人だった。

「ヤフーな人」と「グーグルな人」それぞれの平均購入金額を出すと、「ヤフーな人」は9,950円 、「グーグルな人」は11,252円と、両者で1,300円以上の差が出たと言う。

■調査テーマ:「検索サービス利用者のウェブショップ購入動向」
■調査期間:2007年11月の1か月
■調査対象者:「ショップサーブ」で営業中のウェブショップで 買い物をした2,000人
 Eストアー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/865

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2008年1月29日 16:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kanbiのオーラを体験!ヘアに関するクリエイティブな発表」です。

次のブログ記事は「川柳で読み解く暴れん坊将軍や遠山の金さんの時代とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。