デジカメの撮像レンズを作った!ソニーの開発者が語る体験談

| コメント(0) | トラックバック(0)
京都工芸繊維大学の講演会・1月31日(木)参加費申し込みとも不要

 京都工芸繊維大学では、来る1月31日(木)、ソニーの中野保氏を講師に迎え、「ソニーブランドを支える設計・製造技術」というテーマで講演会を開催する。

 この講演会は、同大学が「第5回機械システム工学部門・ものづくり教育研究支援センター・京工大機械同窓会共催講演会」として開催するもの。講師の中野氏は、1982年にソニーに入社し、プリント基板、VTRメカデッキ製造技術、回転ドラム製造設備開発、カメラ一体型VTR、デジタルカメラなどの撮像レンズを開発してきた人物。現在では、デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズ開発を担当しているという。同氏は、同講演会のなかで、これまでの業務で経験したエピソードも交え、ソニーの設計・製造技術の状況を紹介するという。

 参加費無料で申込も不要。誰でも参加できるので、希望者は直接会場へ。

<第5回機械システム工学部門・ものづくり教育研究支援センター・京工大機械同窓会共催講演会>

日時:年1月31日(木) 17:30〜18:30
会場:京都工芸繊維大学・松ヶ崎キャンパス 10号館3階317A会議室
演題:「ソニーブランドを支える設計・製造技術」
講師:中野保氏(ソニー)

●問い合わせ
 京都工芸繊維大学機械システム工学部門  TEL:075-724-7363

京都工芸繊維大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/861

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2008年1月29日 01:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「資格の大原!池袋校・もうすぐ25周年!サンクスキャンペーン」です。

次のブログ記事は「Kanbiのオーラを体験!ヘアに関するクリエイティブな発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。