話題の「野菜ソムリエ」資格とは?芸能人の取得者も数多い!

| コメント(0) | トラックバック(0)

野菜や果物の専門家 特性や栄養に合った食べ方、調理方法など学ぶ

 最近は芸能人やアナウンサーが取得しているとかで何かと噂の「野菜ソムリエ」。一体どんな資格何だろうと思っている貴方も覆いだろう。説明すると「野菜ソムリエ」とは「ベジタブル&フルーツマイスター」資格の事だ。日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が実施するもので、野菜や果物に関する正しい知識を身につける事を目的としている。具体的には野菜や果物の特性や栄養に合った食べ方、保存方法、調理方法などに精通した専門家を認定する資格だ。

 「ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(初級)」「ベジタブル&フルーツマイスター(中級)」「シニア・ベジタブル&フルーツマイスター(上級)」の3段階あり、それぞれ同協会が主催する所定の講座を修了し、認定試験を受験することによって取得できる。初級のジュニアマイスターコースでは、野菜・果物の正しい基礎知識を習得し、その学んだ知識の伝え方である「コミュニケーション」のほか、レシピ提案に役立つノウハウ「ベジフルクッカリー」等も学んでいく。

 中級のマイスターコースでは、野菜・果物の生産・流通・マーケティング・鮮度技術・品目のほか、農業・青果物流通業界の歴史にも触れる。青果物をとりまく環境を的確に認識できるようにすることを目指す。上級のシニアマイスターコースは社会で役立つ実践的な力を身につけるためのコースで、思考力の訓練と野菜・果物に関連する分野とで構成される。ビジネスの基礎知識や社会で活躍するため必要な応用力を身につけて、野菜・果物をとりまく世界の全体像を把握する。

 資格取得者の活躍は様々だが、専門的な知識を生かしてお店を持ったり、または野菜や果物を使った料理を提案するということを仕事に生かしている人も多い。農家の人が「野菜ソムリエ」の勉強をすることもあるようだ。また、自分の仕事に関係なくても、健康に生きていく上で食の知識は不可欠なもの。ビジネスでの原動力にもなるのだから、自分の食生活を見直すために、旬の野菜の正しい知識をしっかり身につけておくのも良いかもしれない。

●詳細:日本ベジタブル&フルーツマイスター協会

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/743

コメントする

このブログ記事について

このページは、marikandaが2007年12月25日 06:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新メディアの仕掛け人、ひろゆき氏らがコンテンツのプロデュース術を語る!」です。

次のブログ記事は「マイクロソフトMOS資格の国内累計受験者が200万人を突破」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。