ピーターラビットの故郷から・講演と音楽で巡る英国湖水地方

| コメント(0) | トラックバック(0)
ビアトリクス・ポターの生涯とイギリスの民謡を楽しむイベントを横浜商科大学で開催

 かわいらしいイラストと、ほほえましいストーリーで、世界中の人の心をとらえてやまない「ピーターラビット」。その愛らしいウサギさんの作者として知られるビアトリクス・ポターは、作品の舞台としたイギリス湖水地方をこよなく愛していた。彼女は、自身の生涯をかけて、湖水地方を慈しみ、その景観の存続に献身的に尽くしたという。

 横浜商科大学では、そんな彼女の偉大なる軌跡を、イギリスに伝わる民謡とともに辿るイベントを、来る12月8日に開催する。講師は、同大学講師の山田和子氏がつとめ、イギリス民謡は、内木由美子氏(声楽)、岸本美奈子氏(ヴァイオリン)、畑真理氏(ピアノ)らによって演奏される。演奏される民謡は、馴染み深い「アンニローリー」「ダニー・ボーイ」「スカボロ・フェア」など。静かでのびやかな旋律とともに、どこかもの悲しいイギリス民謡は、日本人にとっても聞きやすく、共感を得やすい音楽ともいわれている。

<ピーターラビットの故郷から・講演と音楽で巡るイギリス湖水地方>
日 時:2007年12月8日(土)14:30〜
場 所:横浜商科大学 5号館3階(講堂)
講演者:山田和子(横浜商科大学講師)
演 奏:内木由美子(声楽)、岸本美奈子(ヴァイオリン)、畑真理(ピアノ)
内 容:ピーターラビットの故郷「湖水地方」について  その自然環境
    ピーターラビットの作者「ビアトリクス・ポター」 その生涯
    ポターとナショナル・トラスト
    日本におけるナショナル・トラスト
曲 名:「アンニローリー」「ダニー・ボーイ」「スカボロ・フェア」他
※申込不要。希望者は直接、会場へ。

 ●問い合わせ
  横浜商科大学  TEL:045-571-3901(代)

横浜商科大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/641

コメントする

このブログ記事について

このページは、tmiyakoが2007年11月29日 00:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロのスポーツトレーナーになりたくない?まずは体験入学で身をもって知ろう!」です。

次のブログ記事は「クリスマスは大阪外語においで!好きなレッスンを受けてみて!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。