自己分析とマネジメントの技術を学べる戦略的セミナー

管理者に必要なのは生産的な時間、計画する時間、分析する時間だ!

 多くの管理者は、忙し過ぎて生産的な時間の余裕がないのが実情だ。物事を計画する時間、分析する時間、考案する時間、戦略的志向する時間、そして何より「育成」の時間を持っていない、と嘆く方も多いだろう。そんな悩みをお持ちの方に、この「忙しさのマネジメント」体験セミナーをお勧めする。なぜいつも忙しすぎるのか?いつまでも忙しいのか?何が間違っているのか?「部下を育成する時間が無い」「仕事が任せられるデキる部下がいないから、自分で全てを抱え込む」などの悪循環に陥っている管理者も時間管理術を学ぼう。
 同セミナーでは、戦略的に時間を生みだす材料を提供するものだ。ここで学べば、部下に適切な権限委譲をし、真に組織貢献する管理者となる学習ができるだろう。本セミナーは、企業研修として提供しているプログラムのダイジェスト版となっている。
 2部構成で前編が12月6日、後編が2008年1月17日と、両方の参加で相乗効果が狙えるものだが、片方だけの参加でも可能とのことだ。
    
<体験版セミナー「忙しさのマネジメント」>
日程:12月6日(木)14:00~17:30(受付開始時間 13:30)
テーマ:「忙しさのマネジメント」 (前編)
     内容 生産的な時間を生みだすための自己分析とタイムマネジメント
セミナー構成 :
    1・時間管理は自己管理
    2・忙しさの意味
    3・時間を定義する
    4・時間の使い方を検証する
    5・時間と自己管理の認識を持つ
    6・優先順位の考え方
    7・優先順位の効果的実行方法
    8・【後編(1月17日)】についてのご案内
講師 :原みどり氏  
    プロフィール Hara&Company有限会社取締役・株式会社グローナビ エグゼクティブディレクター
    ・上智大卒業後米国アリゾナ州サンダーバード国際経営大学院にて経営学修士MBA取得。 
    ・日本ウィルソンラーニングにて大手メーカー本社教育担当者向けにプログラムを開発・実施 
    ・GEコンシューマーファイナンスにおいてトレーニングマネージャーとして活動を統轄など   
    ・現在は人材開発・研修アドバイザーとして意識改革・課題設定能力・問題解決能力、
     対人関係能力・ファシリテーションスキルコーチング等、新任から上級までプログラムを開発・実施中。
会場 :ドリームゲート渋谷  
    東京都渋谷区渋谷2-17-3渋谷アイビスビル702号室
電話:03-5766-5655  
参加料金:事前振込み4,000円(税込)
主催:株式会社グローナビ 

【後編】は、2008年1月17日に開催する「ハイブリッド・コーチング」。コーチング、フィードバック、ファシリテーションを組み合わせた「部下育成」「適切な権限委譲」を目的としたコミュニケーションスキルが内容だ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://news.study.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/629

コメントする

このブログ記事について

このページは、Study.jp 学びタイムズ < eラーニング Labo >が2007年11月27日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教育のICT化支援にMSが日本独自の取り組み「エデュステーションパートナー」」です。

次のブログ記事は「学校紹介はサイトの動画でOK!実習制度も臨場感溢れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。